シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

環境がテーマの国際映画祭が開催!原発事故、海、森林など危機的地球描くコンペ出品映画が増加傾向【映画で何ができるのか】(1/3)

環境がテーマの国際映画祭が開催!原発事故、海、森林など危機的地球描くコンペ出品映画が増加傾向
3月3日12:50上映。『林こずえの葉』は、新米林業作業員・林こずえを通して、近代林業の現状を映し出す。『祖谷物語-おくのひと-』の蔦哲一朗監督が、三たび地元・徳島にカメラを向けた。

 環境をテーマにしたグリーンイメージ国際環境映像祭が3月3日~5日、東京・日比谷図書文化館コンベンションホールで開催される。映像制作会社「グループ現代」創始者で、農業や環境問題を題材に作品を作り続けてきたドキュメンタリー監督の故・小泉修吉さんの遺志を受け継ぐ形でスタートを切り、今年で4回目。映像を通して人類の共通遺産である環境とどのように共存し、守り続けていくかを考える濃密な3日間だ。(取材・文:中山治美)

コンペティション部門への応募作は年々増加

 特集上映ならよくあるが、環境問題に特化し、コンペティション部門(以下、コンペ部門)もある映画祭となると珍しい。2015年からは世界35の環境映画祭から成る組織グリーンフィルムネットワークに、日本で唯一参加している。その影響もあってかコンペ部門への応募は年々増加しており、今年は48の国と地域から194作品が届いたという。上映されるのは、そこから選考委員によって選出された15作の入賞作。一言に“グリーン”と称しても切り口は実に多様で、特に都会生活に慣れてしまった人たちは、いかに自分が狭い世界で暮らしているか、気づかされることが多いだろう。

ナオトひとりっきり
3月3日18:35上映。主人公は避難地域のナオト! 中村真夕監督『ナオトひとりっきり』(日本)

 まさかの主人公が同じという、福島第一原子力発電所事故後も避難解除指示準備区域の富岡町に住み続ける松村直登さんを追った中村真夕監督『ナオトひとりっきり』(日本)とフランチェスカ・スカリージ&マーク・オレクサ監督『ハーフライフ・イン・フクシマ』(スイス・フランス)。かつて東西ドイツを分断していた有刺鉄線間の無人地帯がいま、野生動物の生息地となっていることを映し出すウーヴェ・ミューラー監督『無人の国境線がもたらしたもの-再生された自然』(ドイツ)。

環境映画にはトレンドがある

 さらに今年は「海」をテーマにした作品の応募が多かったという。うち、北極圏近くの、石炭産業が主流の街が抱える汚染問題を描いた『ロングイェールビーン 極北の街』(フランス)、海洋に漂う廃棄物の行方と影響を調査した『海-消えたプラスチックの謎』(フランス)、熊本県民テレビ制作『生きる伝える"水俣の子"の60年』(日本)、HTB北海道テレビ放送制作『とけてゆくスイス 氷河×光×地球の未来』(日本)の4作が入賞した。

 同映画祭実行委員会事務局長の尾立愛子さんが語る。

Half life
3月3日20:15上映。こちらの主人公も避難地域のナオト! フランチェスカ・スカリージ&マーク・オレクサ監督『ハーフライフ・イン・フクシマ』(スイス・フランス)

「環境映画の面白さは、製作者が今、撮れるものをカメラに収めているということ。なので毎年面白いようにトレンドがあるのです。東日本大震災や洪水など水害が多かった年は水。エネルギー問題をテーマにした作品が多かった年もありました。私たちの映画祭は選考委員はいても、(映画祭側がテーマを決めて作品を選ぶ)プログラマーはいません。作品が自ずと(上映すべき作品を)プログラミングをしてくれるのです」。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2017年
  3. 3月
  4. 2日
  5. 環境がテーマの国際映画祭が開催!原発事故、海、森林など危機的地球描くコンペ出品映画が増加傾向