シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
みんなのいえ
(C)2001フジテレビ 東宝
製作年:
2001年
製作国:
日本
日本公開:
6月9日
(全国東宝邦画系)
上映時間:
配給:
東宝
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:舞台・TVとマルチな才能を見せる三谷幸喜。前作『ラヂオの時間』以来、待望の映画監督作第2弾となるコメディだ。おしゃれなマイホームを望む若い夫婦とインテリア・デザイナー、そして大工の棟梁の4人が巻き起こすさまざまな問題をテンポよく描く。デザイナー役には、前作でも主役を演じた唐沢寿明。棟梁役のベテラン・田中邦衛を向こうに回し、舞台で鍛えた切れのいいコミカルな演技で笑わせてくれる。

ストーリー:脚本家の飯島直介(田中直樹)と妻の民子(八木亜希子)は、夢のマイホームの設計を新進気鋭のデザイナー柳沢(唐沢寿明)に依頼する。だが、施工を依頼した民子の父で大工の棟梁・長一郎(田中邦衛)と柳沢は意見が合わず……。

みんなのいえ
(C)2001フジテレビ 東宝

スタッフ

監督・脚本:
エグゼクティブ・プロデューサー: 石原隆 / 増田久雄
プロデューサー: 佐倉寛二郎 / 空閑由美子 / 重岡由美子
音楽: 服部隆之
撮影監督: 高間賢治
照明: 上保正道
録音: 瀬川徹夫
美術: 小川富美夫
編集: 上野聡一

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『みんなのいえ』の映画ニュース

  • 3人の囚人が生き残りをかけて舌戦を繰り広げる密室劇のコメディー映画『だCOLOR? ~THE脱獄サバイバル』に主演した人気お笑いコンビ、ココリコの田中直樹が、共演した佐藤二...あまりできなかったそうだが、三谷幸喜の『みんなのいえ』(2001)の初主演以来、コンスタントに続...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『みんなのいえ』を観た【映画】三谷幸喜監督第2作目 from カフェビショップ (2014年5月12日 20時32分)
    家を建てるときの騒動をドタバタやるコメディだと思って見てみたんすけど、 あんまり家を建てるっていうことには関係がなかった。 家を建てるってことで 施主と設計と大工の三者で理想や理念の違いがあって そのすれ違いからドラマがおこるって感じなんすけど、 あん… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「みんなのいえ」、家を建てたのは緑山スタジオシティ、バーは銀座のJBA BAR SUZUKIほか。 from リージョナルシネマ REGIONAL CINEMA ! (2010年4月30日 13時7分)
    みんなのいえ スタンダード・エディション [DVD] 販売元:東宝 発売日:20 ...[外部サイトの続きを読む]
  • みんなのいえ / 邦画 from 日曜感想文 (2009年11月23日 14時16分)
    飯島夫妻がついに家を建てることになった。知り合いの売れっ子インテリアデザイナー(唐沢寿明)に頼み、図面を作ってもらう。そして施工を妻の父 昔かたぎの大工の棟梁(田中邦衛)にお願いすることになるのだが…。三谷幸喜監督作品。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【みんなのいえ】こんなトイレばっかりの家いやっっ! from 映画@見取り八段 (2009年8月28日 22時49分)
    みんなのいえ 監督:  三谷幸喜 出演: 唐沢寿明、田中邦衛、田中直樹、八木亜希子 公開: 2001年6月 第25回 日本アカデミー賞新人... ...[外部サイトの続きを読む]
  • みんなのいえ~ from ナイス旦那日記 (2006年5月7日 3時34分)
    有頂天ホテル{/arrow_r/}を観て、で三谷幸喜監督作品が気に入ってしまったので、早速ビデオ見ました~。 ココリコ田中直樹、八木亜希子アナウンサーの夫妻。 有頂天ホテルのレストランで、灰皿を取り皿と勘違いしてる夫婦役で出てきたよね~。 演技素人の二人を主演にするっていうのが、またすごい配役なんだけど、やっぱりこの映画も、脇役・チョイ役に面白い役者さん出演させてるんだね! やっぱ三谷幸喜、チョイ役が豪華だわ~ 香取慎吾が神主さん役で怪しげなお祈りをしてたり、真田広之は超実直なバーテンダー役。数秒 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2001年6月4日の週の公開作品
  3. 『みんなのいえ』