シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

大河の一滴

大河の一滴
(C)2001 「大河の一滴」製作委員会
製作年:
2001年
製作国:
日本
日本公開:
9月1日
(全国東宝邦画系)
配給:
東宝

チェック:作家・五木寛之のエッセイ『大河の一滴』は幅広い年令層より圧倒的支持を受け、200万部を超える大ロングセラーになった。多くの読者に“生きる勇気と希望“を今もなお、与えつづける名著の待望の映画化。五木寛之自らが原案を書き、日本映画界の重鎮・新藤兼人が脚本を担当。余命幾ばくもない父親とヒロインの心の絆を縦軸に、家族の様々な愛を綴るヒューマンドラマ。古都・金沢そしてロシアを舞台に壮大なスケールで描きだす。監督は名匠・神山征二郎。ニューヨークで行われたワールド・プレミアでも絶賛された感動大作。

ストーリー:ロシア旅行で知り合ったニコライ(セルゲイ・ナカリャコフ)の吹くトランペットの音色に惹かれた雪子(安田成美)は、心から彼を応援するようになる。そんな雪子のもとに思いがけない知らせが入る。金沢で特定郵便局を営む父、伸一郎(三國連太郎)が倒れたというのだった……。

大河の一滴
(C)2001 「大河の一滴」製作委員会

スタッフ

監督:
脚本: 新藤兼人
音楽: 加古 隆
撮影: 浜田 毅
編集: 川島章正

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 見城徹、幻冬舎の社長は尾崎豊との関係をどう築いたのか? from 多忙なサラリーマンに最低限必要な芸能ニュース (2009年5月23日 0時25分)
    「誰かのクラクション」とは尾崎豊による著書で1985年当時、30万部を超えるベストセラーとなった。 その仕掛け人がこそが当時、角川書店の編集に携わっていた見城徹(けんじょう とおる)である。新宿靖国通りのレコード店からたまたま流れていた「シェリー」で尾崎豊を知っ.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2001年8月27日の週の公開作品
  3. 『大河の一滴』