シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

オテサーネク

オテサーネク
英題:
OTESANEK
製作年:
2000年
製作国:
チェコ共和国
日本公開:
11月3日
(ユーロスペース)
上映時間:
配給:
レン・コーポレーション / チェスキー・ケー
カラー

チェック:子供のいない夫婦が木彫りの人形を育てることによって数々の災厄を招くというチェコの民話をモチーフに、人間と自然の不均衡を象徴的に描いた奥深い作品。ベルリン映画祭でアンジェイ・ワイダ賞を受賞するなど、世界各地で絶賛されている。監督はチェコスロヴァキア(現チェコ共和国)で舞台美術家、演出家として活躍後、人形、粘土などを使った立体アニメの監督として多数の秀作を世に送りだしたヤン・シュヴァンクマイエル。

ストーリー:子供ができない寂しさを紛らわすために夫(ヤン・ハルトゥル)がつくってくれた木の赤ん坊。妻(ヴェロニカ・ジルコヴァー)は本物の赤ん坊のように世話をし始めた。狂気ともいえる愛情を注がれた人形にやがて命が宿り、底なしの食欲で夫婦を蝕むのだった。

オテサーネク

スタッフ

原案・脚本・監督:
プロデュ−サ−: ヤロミール・カリスタ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「オテサーネク」 from prisoner's BLOG (2010年3月9日 8時8分)
    オブジェクト・アニメ作品で有名なヤン・シュヴァンクマイエルの通常の俳優を使った劇映画だが、「物体」そのものの質感にこだわる作家性は変わらず。 人間の口や食べ物の執拗に繰り返されるアップのグロテスクな感覚が、豚から人間からなんでも食べつくすオテサーネクの貪欲さと直接つながっていて、人間も同類だよと言わずともわかる。 なんだかワイアール星人みたいにも見える木と人間が合成された怪物の動きは、人力で動かすのとコマ撮り撮影とを併用していて、目が普通の木の質感に慣れかけると途端にカクカクッとなるので、そのたびに木の質 ...[外部サイトの続きを読む]
  • オテサーネク from いやいやえん (2009年3月4日 1時1分)
    チェコの食人木の民話「オテサーネク」を下敷きに描かれた作品です。なんていうか色々な意味でグロテスクで不気味。 木の赤子が様々なものを食べ尽くす物語。すべて見届けていた近所の少女の顔立ちからして不気味です。 母性というのは幼い少女でも持っているものなのですね(人形相手に遊ぶシーンでよくわかる)。本来であれば美しく素晴らしいことであるはずの「母性」の闇部分というのか自分とは別の生物に対する無償の愛のちょっとした異常性がよく表現されていたように思います。 男性と女性では根本的にやはり「子を胎内で育む」と ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】オテサーネク/Otesanek from 特別-the blog- (2006年10月26日 22時6分)
    オテサーネク/Otesanek 監督・脚本:ヤン・シュワンクマイエル Jan Svankmajer 2000年 チェコ/イギリス 世界の端っこでバカが叫ぶ! シュワンクマイエル作品の中ではわかりやすい... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2001年10月29日の週の公開作品
  3. 『オテサーネク』