シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

少年と砂漠のカフェ

少年と砂漠のカフェ
座シネ・ラ・セット
英題:
DELBARAN
製作年:
2001年
製作国:
イラン・日本
日本公開:
3月30日
(銀座シネ・ラ・セット)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド
35mm/カラー

チェック:2001年“ナント三大陸映画祭グランプリ”のほか数々の映画賞に輝いた話題作。イランとアフガニスタンの国境近くにあるカフェを舞台に、アフガン難民の少年とカフェを訪れる人々との心の交流を綴る。監督は、ドキュ・ドラマと呼ばれる独特の作風で名高いイランの名匠アボルファズル・ジャリリ。少年の日常を淡々と描写しつつ、アフガニスタンの悲劇的な状況を浮き彫りにしている。子供らしい喜怒哀楽を表情に出すことなく、懸命に生きようとする少年の姿が健気だ。

ストーリー:14歳の少年キャイン(キャイン・アリザデ)は戦火のアフガニスタンを後に、国境を越えてイランの田舎町デルバランへ逃れてきた。カフェを営む老夫婦の下に身を寄せた彼は懸命に働き、老夫婦やカフェに出入りする人々との交流に安らぎを見出す。

少年と砂漠のカフェ
座シネ・ラ・セット

スタッフ

監督・脚本・編集・プロデューサー:
プロデューサー: 市山尚三

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「少年と砂漠のカフェ」 from prisoner's BLOG (2010年5月14日 6時39分)
    少年と砂漠のカフェ [DVD]バンダイビジュアルこのアイテムの詳細を見る イラクのカフェ(ガソリンスタンドというか、)で働いているアフガン出身の少年が主人公。どういう経緯で来たのか、亡命というより国連の斡旋で避難してきたらしいのだが、極端にセリフが少なく、説明を排し外面を写し取ることに徹したスタイルで綴られるので、なかなか全体像として何をしているのかつかみにくい。 しきりと鍛冶屋が何か叩いているので何かと思うとひどく歪んだ釘で、なんで釘など作っているのかと思うと、ずっと後になって封鎖された道路を通れないよ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『少年と砂漠のカフェ』 from シネマな時間に考察を。 (2010年3月7日 13時36分)
    『少年と砂漠のカフェ』 2001年/イラン・日本/35mmカラー/96min アボルファズル・ジャリリ監督作品 ■2001年ナント三大陸映画祭 グランプリ ■2001年ロカルノ国際映画祭 審査員特別賞 ■国際シネクラブ連盟賞 ヤング審査員賞 ■2001年東京フィルメックス 審査員特別 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2002年3月25日の週の公開作品
  3. 『少年と砂漠のカフェ』