シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
アバウト・ア・ボーイ
(C)2002 Universal Studios (C)2002 United International Pictures
英題:
ABOUT A BOY
製作年:
2002年
製作国:
アメリカ・イギリス
日本公開:
9月14日
(日劇3他東宝洋画系)
上映時間:
配給:
UIP
カラー/シネマスコープサイズ/SR、SRD、SDDS、dts

チェック:『ハイ・フィデリティ』の原作者ニック・ホーンビィの同名ベストセラー小説を英米の精鋭スタッフがヒネリの利いた最高にセンスのイイコメディに仕上げた。主演には原作小説の大ファンだったという『ブリジット・ジョーンズの日記』のヒュー・グラント、共演に『ハムナプトラ』のレイチェル・ワイズに『シックス・センス』のトニ・コレット。監督は『アメリカン・パイ』を手掛けて大ヒットに導いたポール&クリス・ウェイツ兄弟。

ストーリー:親の遺産で遊んで暮らしている独身主義者のウィル(ヒュー・グラント)は、とあるきっかけでシングルマザーのフィオナ(トニ・コレット)とその息子マーカスと知り合う。以来マーカスはウィルの家に押しかけるようになって……。

アバウト・ア・ボーイ
(C)2002 Universal Studios (C)2002 United International Pictures

写真ギャラリー

LAURIE SPARHAM68/WORKING TITLE/The Kobal Collection/WireImage.com


スタッフ

製作総指揮・原作: ニック・ホーンビィ
製作総指揮: リン・ハリス

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アバウト・ア・ボーイ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画 『アバウト・ア・ボーイ』 from 脚本家になりたい!シナリオ研修生の映画・読書日記 (2009年5月12日 1時8分)
    JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画)面白い映画見つけちゃった。この映画の脚本家さんが『ギルバート・グレイプ』と『エイプリルの七面鳥』を書いた人。じゃあ見てみよう、そう思ったのでした。ブリジットジョーンズと同じプロデューサー。ヒュー・グラントが主演してます。父親の残した印税の遺産で、いつまでも独身生活を謳歌する主人公。ちょっと阿倍寛の『結婚できない男』を思い出させる。ヒュー・グラントは、大の女好き、バツ一、子持ちの女に味をしめて狙いを定める…ようなほんとにひどいやつでして…どうしようもなさがいいです。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • アバウト・ア・ボーイ ★★★★ from Movie of Power ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ (2008年4月9日 19時18分)
    アバウト・ア・ボーイ(2008/03/13)ヒュー・グラント.トニー・コレット.レイチェル・ワイズ.ニコラス・ホルト.ビクトリア・スマーフィット映画の詳... ...[外部サイトの続きを読む]
  • アバウト・ア・ボーイ【2002・アメリカ】 from Happyになれる映画を観よう♪ (2006年8月24日 20時24分)
    ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン アバウト・ア・ボーイ ★★★★★☆彡 ABOUT A BOY(100分) 監督:? クリス・ワイツ、ポール・ワイツ?? 製作:? ティム・ビーヴァン、ロバート・デ・ニーロ、ブラッド・エプスタイン、エリック・フェルナー、ジェーン ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2002年9月9日の週の公開作品
  3. 『アバウト・ア・ボーイ』