シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

チャップリン映画祭

チャップリン映画祭
製作国:
アメリカ
日本公開:
5月31日
(有楽町スバル座)
配給:
日本ヘラルド映画
モノクロ/サイレント/トーキー

チェック:世界で一番有名な映画キャラクター、チャーリー・チャップリンの名作12作品を上映。一匹の犬とのふれ合いを描いた傑作サイレント映画『犬の生活』を始め、『キッド』、『街の灯』、『チャップリンの黄金狂時代』、『サーカス』、『モダン・タイムス』からアメリカでの最後の作品『ライムライト』まで日本では30年ぶりのチャップリンの公式祭となる。

ストーリー:(『犬の生活』)失業中のチャーリー(チャーリー・チャップリン)は野良犬にいじめられている犬を助け、一緒に生活するようになる。チャーリーはその犬にスクラップスと名前をつけ一緒にホットドッグを盗み食いしたり、ズボンに隠して酒場に行ったりといつも一緒にいて可愛がっていた。

チャップリン映画祭

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『チャップリン映画祭』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • チャップリンの街の灯 from 西山だの美容が気になる女子のブログ (2014年4月22日 13時5分)
    私の好きな映画は、チャップリンの「街の灯」です。チャップリンの映画はこれが初めてでした。チャップリンというとお笑いのイメージあって、映画の中でも笑ってしまうシーンもありますが、それはまた違う笑いで、可愛くて、切ない笑いなのです。目の見えない女性を愛してし ...[外部サイトの続きを読む]
  • 黄金狂時代 (1925/アメリカ) 80点 from Smile Cinema (2009年12月5日 19時0分)
    黄金狂時代 【感想・ネタバレあり】 再鑑賞。15年ぶりぐらいじゃないかなぁ…有名なシーン以外覚えていなし久しぶりに観たくなりました。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「映画のまぐまぐ」に僕のコメントが掲載されます☆ from 人生をエンターテイメントに応援してもらう☆Blog (2007年11月21日 1時58分)
    ヾ(〃^∇^)ノわぁい 数日前に「映画のまぐまぐ」スタッフの方からメールをいただき、 なんと、僕が発行しているエールメール、 「789junの1流に逢えるメールマガジン  ~ 人生をエンターテイメントに応援してもらう☆通信 ~」 (メニュー左上のエールメールです... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2003年5月26日の週の公開作品
  3. 『チャップリン映画祭』