シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ホテルビーナス

公式サイト:http://hotelvenus.net/
ホテルビーナス
製作年:
2004年
製作国:
日本
日本公開:
3月6日
(丸の内ピカデリー2 他 松竹系)
上映時間:
配給:
アスミック・エース エンタテインメント
カラー/スコープサイズ/ドルビーSRD

チェック:全編韓国語・日本語字幕による邦画初の“読む映画”。深夜番組「チョナン・カン」のスピンオフ企画だが、それとは一線を画し、叙情的なストーリー展開で、俳優・草なぎ剛の作品らしい味わい。監督は「チョナン・カン」や「smaSTATION」などを手がけるタカハタ秀太でこれが初監督作になる。プロモーションビデオなども手がけてきた監督らしく、映像がスタイリッシュ。全編にLOVE PSYCHEDELICOの音楽が効果的に使われている。

ストーリー:心に傷を負った人々が集うホテル ビーナスでチョナン(草なぎ剛)は住み込みで働いている。ある日、全く口をきかない女の子サイ(コ ドヒ)とガイ(パク ジュンウ)父娘がやって来た。その日から住人の心に変化が訪れる。

ホテルビーナス

スタッフ

脚本: 麻生哲朗
撮影: 中村純
美術: 都築雄二
照明: 平野勝利
タップ指導: 粟村勝

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ホテルビーナス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ホテル ビーナス from ジャックinブログ (2006年6月5日 0時9分)
    「ホテル ビーナス」見ました。 以下感想です。 思っていたよりも良かったです。 雰囲気がかなり独特なので、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私は結構好きでした。 韓国語という点では、韓国人から見たらどうなのかちょっと気になりましたが、ストーリーはまずまずでした。 (発音とかイントネーションとか、どこまで自然に聞こえてるのかねえ) ってことで、まず役者陣。 もともと草?くんの演技は好きなので、違和感なく見れました。 草?くんの演技は「素直な演技」って感じで好きです。 あとね、中 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2004年3月1日の週の公開作品
  3. 『ホテルビーナス』