シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
(C)2005 Warner Bros. Entertainment Inc.Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.
英題:
HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE
製作年:
2005年
製作国:
イギリス
日本公開:
2005年11月26日
(丸の内ピカデリー1ほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画

チェック:世界的ベストセラーとして知られるファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの映画化第4弾。ハリーとその仲間たちには、ダニエル・ラドクリフらおなじみのメンバーたちが続投し、成長した姿を見せる。監督には『フォー・ウェディング』など、ヨーロッパで高い評価を受けるマイク・ニューウェルが起用され、よりドラマ色の濃いアドベンチャー作品に仕上げた。年ごろの男の子に成長したハリーが、初めて経験する恋の行方も見逃せない。

ストーリー:ホグワーツ魔法魔術学校の4年生になったハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)。今年ホグワーツで伝説の“三大魔法学校対抗試合”が行われることになり、他校の生徒たちが大挙してやってきた。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット
(C)2005 Warner Bros. Entertainment Inc.Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.

写真ギャラリー

Warner Bros./Photofest/MediaVast Japan


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット <フラーが萌える> from ネタバレ映画レビュー <映画感想文みたいなもの> (2011年10月1日 20時29分)
    ちょっと大人になったなぁ。 ワールドカップ風。 フラーの学校の校長、大きかったんだな。 この辺、説明無しなんだよなぁ。 3つの試練みたいなのが、燃える。 チョウチャン・ラブ。チョウ・チャンとの距離感が良い。萌える。 ダンスパーティ。 嘆きのマートルだ! フラーの水着キター。 あー! マルフォイの親父! ハリー・ポッターと炎のゴブレット - goo 映画 ・ハリー・ポッターと炎のゴブレット@ぴあ映画生活 http://www.cinematoday.jp/movi ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画レビュー 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 from No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) (2011年9月4日 1時43分)
    ハリー・ポッターと炎のゴブレット  原題:Harry Potter And The Goblet Of Fire 【allcinema】  【IMDb】 4作目の炎のゴブレット。ヴォルデモートの陰謀をより鮮明に感じながらも、望まずして... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 ≪ ハリー・ポッターと炎のゴブレット ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2011年7月9日 13時29分)
    暗黒の支配者、ついに復活―。 魔法学校を舞台に主人公ハリーの冒険と成長を描く、J.K.ローリング原作のベストセラー小説をダニエル・ラドクリフ主演で映画化した大ヒット「ハリー・ポッター」シリーズの第... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット from 映画はレンタル前に無料動画で! (2010年9月30日 12時32分)
    映画【ハリー・ポッターと炎のゴブレット】 をネットの無料動画で視聴! 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は、J.K.ローリング原作のベストセラー小説を映画化した『ハリー・ポッター』シリーズ第4弾。 伝説の魔法競技大会を背景に、ハリーが遂に、自らの因縁と ...[外部サイトの続きを読む]
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット from Addict allcinema 映画レビュー (2009年7月15日 16時15分)
    ついに決戦の時だ、ハリー ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年11月21日の週の公開作品
  3. 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』