シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
パッション
英題:
THE PASSION OF THE CHRIST
製作年:
2004年
製作国:
アメリカ/イタリア
日本公開:
2004年5月1日
(テアトルタイムズスクエア 他)
配給:
日本ヘラルド映画
カラー/スコープサイズ/ドルビーSRD、SDDS

チェック:世界中で大論争を巻き起こす一方、全米初登場第1位の大ヒットを記録した衝撃作。『ブレイブハート』のオスカー監督メル・ギブソンが私財2500万ドル、構想12年を費やし、イエス・キリストの最後の12時間と復活を描く。主人公イエス・キリストを演じるのは『ハイ・クライムズ』のジム・カヴィーゼル。マグダラのマリア役には『マトリックス レボリューションズ』のモニカ・ベルッチがあたっている。あまりにも残酷な拷問シーンの先に控える監督メル・ギブソンの熱きメッセージに注目。

ストーリー:紀元1世紀のエルサレム。十二使徒の1人であるユダ(ルカ・リオネッロ)の裏切りによって大司祭カイアファ(マッティア・スブラージア)の兵に捕らえられたイエス(ジム・カヴィーゼル)は、救世主を主張する冒涜者として拷問され始める。

パッション

動画

映画『パッション』予告編

写真ギャラリー

Kobal/ICON PROD. / MARQUIS FILMS/The Kobal Collection/WireImage.com


スタッフ

製作・監督・脚本:
製作総指揮: エンゾ・システィ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『パッション』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • パッション from 映画のメモ帳+α (2009年11月27日 1時39分)
    パッション(2004 アメリカ・イタリア) 原題   THE PASSION OF THE CHRIST 監督   メル・ギブソン 脚本   メル・ギブソン       ベネディクト・フィッツジャラルド 撮影   キャレブ・デシャネル    音楽   ジョン・デブニー 出演   ジム・カヴィーゼル モニカ・ベルッチ       マヤ・モルゲンステルン ロザリンダ・チェレンターノ       クラウディア・ジェリーニ ルカ・リオネッロ       フランチェスコ・デ・ヴィート フリスト ...[外部サイトの続きを読む]
  • パッション from 【ムービーレビュー】映画の感想 (2008年4月12日 18時57分)
    この映画、ストーリー性は無い。 キリストがムチで打たれ、 ゴルゴダの丘に貼り付けにされるだけである。 一番印象に残るのは、 キリストが祈るシーンです。 祈るといっても、「私を助けてください」 ではなく、 自分を貼り付けにする者達の罪を 「お許しください」 と.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2004年4月26日の週の公開作品
  3. 『パッション』