シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
Mの物語
英題:
HISTOIRE DE MARIE ET JULIEN
製作年:
2003年
製作国:
フランス
日本公開:
2004年7月31日
(銀座シネパトス)
上映時間:
配給:
ファインフィルムズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD

チェック:1991年にカンヌ国際映画祭グランプリを獲得した『美しき諍い女』の巨匠、ジャック・リヴェット監督と、同作で才能を開花させ、今やフランスを代表する女優に登り詰めた、エマニュエル・ベアールが再び組んだ愛の衝撃作。ベアールは堂々と謎の女を演じ、共演のポーランドの名優、イエジー・ラジヴィオヴィッチ扮する、猫と暮らす孤独な時計職人をその美貌で翻弄する。大胆なベッドシーンから思わぬラストまで目が釘付け!

ストーリー:ある日公園で再会するマリー(エマニュエル・ベアール)とジュリアン(イエジー・ラジヴィオヴィッチ)。彼らは一夜を共にするが、翌日女は姿を消す。激しくお互いを求め合いながらも、2人はすれ違い……。

Mの物語

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • Mの物語 (2003) ▲ エマニュエル・ベアール from どんくらの映画わくわくどきどき (2012年3月30日 14時42分)
    DVDで観たが2時間半弱と長めの映画にもかかわらず静かに時が流れていく。後は早回しで流してしまおうかと思い始めた真ん中ころから不思議なことが起き始める。この映画のジャンルを書くと前半は普通の恋愛... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2004年7月26日の週の公開作品
  3. 『Mの物語』