シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
東京タワー
(C)2005 東京タワー製作委員会
製作年:
2004年
製作国:
日本
日本公開:
2005年1月15日
(日劇2 他)
上映時間:
PG-12

チェック:年上の女性と恋に落ちた青年の心情をつづった江國香織の同名小説を映画化した作品。20歳の年の差カップルを演じるのは黒木瞳と岡田准一。日本でも人気のノラ・ジョーンズが歌っているテーマ曲は要チェック。

ストーリー:小島透(岡田准一)、21歳と浅野詩史(黒木瞳)、41歳。大原耕二(松本潤)、21歳と川野喜美子(寺島しのぶ)、35歳。大きな年齢差を越えて愛し合う2組のカップルだったが……。

東京タワー
(C)2005 東京タワー製作委員会

スタッフ

監督:
原作: 江國香織
撮影: 袴一喜
美術: 小池寛
音楽: 溝口肇

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『東京タワー』の映画ニュース

  • 映画雑誌「キネマ旬報」に連載された、イラストレーター・宮崎祐治氏の人気コラム「東京映画地図」の単行本化を記念し、本誌で取り上げられた名画を上映するラピュタ阿佐ヶ...69年・山本邦彦監督)、完成したばかりの東京タワーを背景にしたロマンス『たそがれの東京タワ...
  • 女優の高畑充希が、7日、東京タワーで行われた楳図かずおの名作マンガを原作とするミュージカル「わたしは真悟」の製作発表会見に出席。今年、NHK連続テレビ小説「とと姉ち...そうになり、自分たちの子どもを残そうと、東京タワーから飛び降りることを決意。その瞬間、2人...
  • 女優の中山美穂が約2年ぶりにドラマ主演に挑むWOWOWドラマ「連続ドラマW 賢者の愛」の30秒映像が公開され、「獣電戦隊キョウリュウジャー」でブレイクした竜星涼との濃密な...の絡みを披露してくれそうだ。監督は映画『東京タワー』などの源孝志。(編集部・井本早紀) 「...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『東京タワー』(2004年)★それが叶わぬ恋であればこそ、今…… from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年1月26日 22時16分)
        作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/11023/   映画レビューしました。(ネタバレ表示にしています) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id320646/rid150/p1/s0/c1/   アンゲロプロス監督の死去にともない、映画『永遠と一日』を思い出しました。 &nbsp... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 第34回 日活芸術学院 入学式 from 日活芸術学院 ~スタッフBLOG~ (2008年5月19日 9時57分)
    第34回  日活芸術学院  入学式 が NO.6ステージ で執り行われました。   新入生入場  盛大な拍手の中、迎えられました。   実際に、 映画やCMの撮影が 行われている 撮影ステージでの入学式。   撮影所の中にある映画の学校 日活.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 東京タワー ★★ from Movie of Power ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ (2008年4月10日 1時8分)
    東京タワー プレミアム・エディション(2005/07/21)黒木瞳、岡田准一 他映画の詳細を見る  黒木瞳と岡田准一の20歳以上の年の差、不倫の話とい... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 東京タワー from 世界の映画を斬る! (2007年7月6日 23時19分)
    「東京タワー?」「 オカンとボクと、時々、オトン?」「いいや、エロい方」★57点(100点満点) ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『東京タワー』を観たよ。 from 【待宵夜話】++徒然夢想++ (2007年2月15日 2時27分)
    シェアブログ1565に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  裕福な人たちのお伽話。とはいえ、「裕福な人たちの『ための』お伽話」では全然ない、多分。 『東京タワー』 2004年・日本・126分 監督 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年1月10日の週の公開作品
  3. 『東京タワー』