シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
火火
製作年:
2004年
製作国:
日本
日本公開:
2005年1月22日
(シネスイッチ銀座 他)
上映時間:
配給:
ゼアリズエンタープライズ
アメリカンビスタサイズ/カラー/ドルビーSR

チェック:陶芸界に新風を吹き込む女性陶芸家であり、息子の発病をきっかけに骨髄バンク運動を始めた神山清子を描いた作品。監督は『愛の新世界』『光の雨』の高橋伴明。窪塚洋介の実弟の窪塚俊介が清子の息子役で出演している。神山清子本人が作成した映画に登場する数百点に及ぶ陶芸作品は必見。

ストーリー:窯による信楽自然釉をなんとしても成功させたいと執念を燃やす神山清子(田中裕子)。失敗を繰り返し、何度も失意に打ちひしがれるが日々の末、ついに穴窯に賭けた清子の挑戦が成功する日がくるが……。

火火

スタッフ

監督:
撮影: 栢野直樹
美術: 金勝浩一
音楽: 梅林茂

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『火火』の映画ニュース

  • 吉井怜、窪塚俊介との再共演作は偶然にも再びナース役!
    6日、池袋シネマ・ロサで映画『君が愛したラストシーン』初日舞台あいさつが行われ、吉井怜、窪塚俊介、江澤翠、広瀬彰勇、川崎麻世、朝倉えりか、池田大、佐藤吏監督が来場...2005年に劇場公開された高橋伴明監督作『火火(ひび)』でも共演。同作で吉井は、がん患...
  • 「キネマ旬報ベスト・テン」にクリント・イーストウッドからもメッセージ
    去る11日、映画雑誌キネマ旬報社主催「2005年度第79回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が行われた。この伝統ある「キネマ旬報ベスト・テン」は今年で78回目のアカデミー賞...た。 主演女優賞は『いつか読書する日』『火火』の田中裕子。主演男優賞は『メゾン・ド・...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「火火」 from prisoner's BLOG (2006年7月7日 23時14分)
    陶芸家というと気難し屋の代名詞みたいな印象があるが、そういう母親を持った息子が辟易しながら自分も陶芸の道に進むユーモア混じりの前半は田中裕子が好演だし、陶芸の描写に腰が入っていて楽しめるが、息子が白血病に犯されてからの後半は、どうかすると骨髄バンクの宣伝映画みたいに見えたりしてしまう(骨髄バンクができるまでの実話でもあるのだが)。 骨髄を提供する方(ドナー)だって入院して手術に近い処置を受けなくてはいけないし、下手に途中で降りたらもっと患者にとって致命的になる(骨髄をいったん放射線で殺してから移植するので ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年1月17日の週の公開作品
  3. 『火火』