シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

この胸いっぱいの愛を

公式サイト:http://www.kono-ai.com/
この胸いっぱいの愛を
(C)2005「この胸いっぱいの愛を」製作委員会
製作年:
2005年
製作国:
日本
日本公開:
2005年10月8日
(全国東宝系)
上映時間:
配給:
東宝

チェック:伊藤英明とミムラ共演の切ないラブストーリー。梶尾真治の原作「クロノス・ジョウンターの伝説」を、『黄泉がえり』の塩田明彦が映画化。過去にタイムスリップしたことで、人生で大切な何かを見つけていく物語。映画全編を盛り上げるクラシック音楽が印象的な作品で、クライマックスには各界から注目される金聖響がオーケストラを指揮している。

ストーリー:鈴谷(伊藤英明)は故郷の北九州・門司に帰るために飛行機に乗っていた。ところが到着してみると、20年前にタイムスリップしてしまい、10歳の自分とかつてあこがれていたた女性(ミムラ)に出会う。

この胸いっぱいの愛を
(C)2005「この胸いっぱいの愛を」製作委員会

スタッフ

監督:
原作: 梶尾真治
プロデューサー: 平野隆
共同プロデューサー: 下田淳行 / 久保田修

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • この胸いっぱいの愛を from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会 (2009年7月14日 15時15分)
    映画観賞の他に無類の活字中毒のオイラ、映画の原作がマンガだったり小説だ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • この胸いっぱいの愛を・・・ from 米村春美のhomemadeレシピ (2006年6月15日 18時9分)
    レンタルしてきた「NANA-ナナ-」の最初の予告見て気になっちゃった映画。 こういう題名は、鳥肌立っちゃうくらい苦手だから あはっ、またこういうタイプが出現してきましたよ。{/kaeru_night/} っていうノリのはずだった・・・。 それなのに、実際に見てみたら ガらっとその気持ちは変わっちゃいました。(てへっ){/face_tehe/} 意外な展開でびっくりしたり、 いつもどこかのシーンで泣いてしまいました。 こんなにうまい作品は久しぶり。 舞台は福岡・北九州、門司。 父が福岡県出身なので ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年10月3日の週の公開作品
  3. 『この胸いっぱいの愛を』