シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

1_0 ワン・ポイント・オー

公式サイト:http://www.onepointo.jp/
1_0 ワン・ポイント・オー
英題:
ONE POINT O
製作年:
2005年
製作国:
アメリカ、ルーマニア、アイスランド
日本公開:
2005年6月18日
(シネセゾン渋谷)
上映時間:
配給:
アルバトロス・フィルム
ドルビーSRD/R−15/ビスタサイズ

チェック:新進気鋭のジェフ・レンフローとマーテン・トーソン監督コンビによる不条理系ナノテクノロジー・スリラー。出演は『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』のジェレミー・シストとデボラ・カーラ・アンガー。『ドッグヴィル』のウド・キアーもゲイのドイツ人紳士役で登場している。毎日のように届くからっぽの箱によって、恐怖のどん底におちいる男の姿を描いたサスペンス。

ストーリー:そう遠くない未来のメトロポリスで、巨大企業が何も知らない一般市民を対象に極秘マーケティング戦略を展開していた。コンピュータープログラマー・サイモン(ジェレミー・シスト)のもとに、ある日を境に毎日のように空っぽの箱が届くようになる。

1_0 ワン・ポイント・オー

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 1.0 【ワン・ポイント・オー】 from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会 (2008年10月29日 11時53分)
    時を同じくして、他の住人が変死体で発見され、サイモンの上安と疑念は深まるばかり。そうこうするうち、今度は向かいに住む… ...[外部サイトの続きを読む]
  • (ネタバレあり)『1.0 【ワン・ポイント・オー】』レビュー from トーンコントロール (2006年4月24日 21時5分)
    公開時のキャッチコピーは、“不条理系ナノテク・スリラー”。それだけに、きちんと筋立てされたミステリーではない。漠然と観ていると、何がなんだかまるで分らないまま終わってしまう。観る人を選ぶ映画ではある。しかし、こういった映画が大好物の人には、たまらない一本だ。時代も舞台も曖昧な設定の世界で起きる不条理な出来事の数々が、いわゆる映画的な、ざらついたフィルムの映像で描き出される。橙と緑、二色に抑えられた色調のアパートは、硬質的で美しく、隠された恐怖を暗示しているかのようだ。そのアパートに引き込まれた観客は、無力な ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年6月13日の週の公開作品
  3. 『1_0 ワン・ポイント・オー』