シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ルパン
(C) 2005 NIPPON HERALD FILMS, Inc.
英題:
ARSENE LUPIN
製作年:
2004年
製作国:
フランス、イタリア、スペイン、イギリス
日本公開:
2005年9月17日
(テアトルタイムズスクエア ほか)
上映時間:
配給:
日本ヘラルド映画
SRD/シネマスコープ

チェック:“怪盗紳士アルセーヌ・ルパン”を2500万ユーロという巨額の製作費をかけて完全映画化した冒険活劇。監督は『ルーブルの怪人』のジャン・ポール・サロメ。ルパン役にはフランスの次世代スターとの呼び声高いロマン・デュリス。ルパンを取り巻く女性陣にはクリスティン・スコット・トーマスやエヴァ・グリーンがふんし、カルティエの最高級ジュエリーを身につけて登場する。

ストーリー:ルパン(ロマン・デュリス)は、従妹のクラリス(エヴァ・グリーン)の父親ら名士たちが秘密の会合を行っていることを知る。会合に忍び込んだルパンは、美しいカリオストロ公爵夫人(クリスティン・スコット・ルーマス)と出会う。

ルパン
(C) 2005 NIPPON HERALD FILMS, Inc.

写真ギャラリー

SND/Photofest/MediaVast Japan


スタッフ

撮影監督: パスカル・ダリオ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ルパン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ルパン(2004)  ■  下品な「紳士」に落胆 from どんくらの映画わくわくどきどき (2007年6月25日 4時5分)
    いろいろなルパン話のキーワードを集めてつくった新しい物語。昔読んだ「ルパン」にひかれて真剣に観たが、私の「ルパン」とは今ひとつイメージが合わない。「怪盗紳士」にしては顔もしぐさも下品。 パーティの最中に貴婦人 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ルパン」 from prisoner's BLOG (2006年5月5日 9時29分)
    良くも悪くも凝りっぷりを見る映画。 三つの十字架の仕掛けや、誰の言うことが本当かわからない駆け引き、奇厳城や813がどう出てくるか、あるいはルパンの代名詞のような変装のメイク技術やストーリーへの生かし方など、ルパンの時代の古風な探偵小説趣味あるいは伝記趣味の再生は楽しめる。ただし、カリオストロ伯爵夫人の謎の解き方は納得しがたい。 豪華な美術、衣装、特に宝飾品は見応えあり。 クライマックスの後、また再出発するようなストーリーは社会派がかったところも含めて、飛躍しすぎている観。ルパンが決して「人を殺さない」と ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年9月12日の週の公開作品
  3. 『ルパン』