シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
クレールの刺繍
英題:
BRODEUSES
製作年:
2004年
製作国:
フランス
日本公開:
2005年9月3日
(Bunkamuraル・シネマ)
上映時間:
配給:
シネカノン
カラー/1:1.85/DTS

チェック:カンヌ国際映画祭批評家週間でグランプリを受賞した、エレオノール・フォーシェ監督のデビュー作。「匿名出産」を題材に、フランスの片田舎に住む少女の葛藤を描いたヒューマンドラマ。主演のローラ・ネマルクは本作の演技でフランスの大型新人として注目を浴びている。刺繍を紡ぐように描き出される丁寧な人間模様の描写に心癒される。

ストーリー:スーパーのレジ係として働く17歳の少女クレール(ローラ・ネマルク)は、家庭のある男性との子供を妊娠してしまい、そのことを誰にも言えずに悶々(もんもん)とした日々を過ごしていた。

クレールの刺繍

写真ギャラリー

New Yorker/Photofest/ゲッティ イメージズ


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • クレールの刺繍 from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年5月4日 11時45分)
    クレールの刺繍 ◆プチレビュー◆地味だがしっとりとした、実に味のある映画だ。クレールが作る刺繍は、ビーズやスパンコールだけでなく、毛皮やチェーンなども使われていて、独自のセンスが感じられる。 17歳のクレールは妊娠したことを親にも告げられない。妊娠は彼女が.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年8月29日の週の公開作品
  3. 『クレールの刺繍』