シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
深紅
(C)『深紅』パートナーズ2005
製作年:
2005年
製作国:
日本
日本公開:
2005年9月17日
(渋谷シネ・アミューズ ほか)
上映時間:
配給:
東映

チェック:「眠れる森」などTVドラマの脚本を手がけ、「破線のマリス」で江戸川乱歩賞を受賞した野沢尚が自身の作品を脚本化した同名小説の映画化。一家惨殺事件で家族を失った孤独なヒロインに内山理奈がふんし、その小学生時代を堀北真希が演じる。加害者の娘役には水川あさみが熱演し若手女優がシリアスな演技合戦を見せる。監督は『白い犬とワルツ』をの月野木隆。先の読めない展開と人間の心の描写など野沢の構成力が光る。

ストーリー:小学生の秋葉泰子(堀北真希)は修学旅行中に深刻な面持ちの担任(南野陽子)に呼び出される。泰子の家族が深刻な事故に遭ったためにすぐに帰るようにと促されるが……。


スタッフ

監督:
脚本・原作: 野沢尚

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『深紅』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「深紅」 from prisoner's BLOG (2008年1月6日 10時57分)
    深紅アミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る ヒロインの少女時代を掘北真希、成長してからを内山理名を演じていて、これを過去と現在のシーンで必ずしもきちんと使い分けず、過去と現在とか交錯するとともに現在のシーンに過去の姿で出たりする凝った技巧が面白い。 もう一人のヒロインである水川あさみがまた、内山理名の分身的存在で、乱反射するようにイメージが展開していくといいのだけれど、「謎解き」の場面にヒロインたちがあまり絡まない(絡んだら殺されているわけだが)こともあってちょっと足踏みしている観。女同 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年9月12日の週の公開作品
  3. 『深紅』