シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ヘイフラワーとキルトシュー

公式サイト:http://www.hayflower.com/
ヘイフラワーとキルトシュー
(C)Kinotaurus.OY.2002.All Rights Reserved
英題:
HAYFLOWER & QUILTSHOE
製作年:
2002年
製作国:
フィンランド
日本公開:
2005年10月15日
(シネ・リーブル池袋 ほか)
上映時間:
配給:
アンスールピクチャーズ / イフ・エンターテインメント
カラー/ドルビーデジタル

チェック:2002年にフィンランドで公開され、35万人の観客を動員。同国の歴代興行収入ナンバーワンを記録した幼い姉妹の物語。500人もの中からオーディションで選ばれた子役、カトリーナ・タヴィとティルダ・キアンレトの息の合った芝居もすばらしい。天使のように愛らしい姉妹が巻き起こす、ほのぼのとした逸話に心癒される。彼女たちのポップでカラフルな雑貨や、インテリアもオシャレ。

ストーリー:7歳のヘイフラワー(カトリーナ・タヴィ)は、妹のキルトシュー(ティルダ・キアンレト)の世話から家事までこなすしっかり者。だがあることをきっかけに彼女は急に口をきかなくなり、優等生でなくなる。

ヘイフラワーとキルトシュー
(C)Kinotaurus.OY.2002.All Rights Reserved

スタッフ

監督・脚本・編集:
製作・脚本: マルコ・ラウハラ
セットデザイン: カティ・イルマランタ
音楽: ヘクター

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ヘイフラワーとキルトシュー』の映画ニュース

  • 10歳と12歳のフィンランド少女がドキドキの初来日
    フィンランドの映画史上最高の観客動員数を記録し、大ヒットした感動作『ヘイフラワーとキルトシュー』。世界中でも大絶賛されたことを受け、ついに日本での公開が決定した...ター顔負けの大サービスぶりを見せた。 『ヘイフラワーとキルトシュー』は10月よりシネ・リーブル池袋ほかにて公...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ヘイフラワーとキルトシュー」 from 或る日の出来事 (2006年9月12日 7時53分)
    主演の子ども2人が可愛いこと! もう、それだけでいいのです。2人を見ていれば幸せなのです。子どもが好き、という人でなければ、他愛ないお話なので、面白くないと思うよ。 先日観た「ローズ・イン・タイドランド ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年10月10日の週の公開作品
  3. 『ヘイフラワーとキルトシュー』