シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ヴェニスの商人
英題:
THE MERCHANT OF VENICE
製作年:
2004年
製作国:
アメリカ/イタリア/ルクセンブルク/イギリス
日本公開:
2005年10月29日
(テアトル タイムズスクエア ほか)
上映時間:
配給:
東京テアトル / アートポート
カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル

チェック:シェイクスピアの「ヴェニスの商人」を、『イル・ポスティーノ』のマイケル・ラドフォード監督が初めて映画化。ユダヤ人の金貸しシャイロック役に名優アル・パチーノを迎え、うるわしき16世紀のヴェニスをスクリーンに再現した。共演は『キングダム・オブ・ヘブン』のジェレミー・アイアンズと『スターリングラード』のジョセフ・ファインズ。パチーノの迫真の演技と英国を代表する2大スターの競演は見逃せない。

ストーリー:1596年のヴェニスでキリスト教徒にさげすまれながら金貸し業を営んでいたユダヤ人のシャイロック(アル・パチーノ)は、ある日宿敵の貿易商アントーニオ(ジェレミー・アイアンズ)に借金を申し込まれる。

ヴェニスの商人

写真ギャラリー

Kobal/SONY PICTURES CLASSICS/The Kobal Collection/WireImage.com


スタッフ

プロダクションデザイン: ブルーノ・ルベオ
衣裳デザイン: サミー・シェルドン
メイクアップ&ヘアデザイナー: アン・ブキャナン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ヴェニスの商人』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • (映画) ヴェニスの商人 from 奇ヲ衒ウ (2007年7月4日 17時5分)
    ヴェニスの商人 THE MERCHANT OF VENICE 2004年【米・伊・ルクセンブルグ・英】 監督、脚本/マイケル・ラドフォード 出演/アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ、リン・コリンズ 原作/ウ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヴェニスの商人 (2004)  ▲  アル・パチーノ from どんくらの映画わくわくどきどき (2007年6月3日 2時58分)
    シェイクスピアなので内容について説明は不要でしょう。 16世紀末のヴェニス。服装、風俗や街の様子など興味深い。昼間から娼婦が屋外で胸を出している。アラゴンやイングランドの有力者達が求婚に訪れるなど、当時の世界 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ヴェニスの商人】 from あ!CINEMA365DAYs (2006年6月26日 15時18分)
    評価★★★★☆シェイクスピアの戯曲ユダヤ人迫害を受け、復讐したい、高利貸し、シャイロック親友のため、自分の肉を担保にしたアントーニオ人肉裁判、金銀銅の箱、指輪有名なエピソード満載アルパチーノの熱演、凄いです。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ■ヴェニスの商人 from ルーピーQの活動日記 (2006年5月8日 1時28分)
    16世紀のヴェニス。バッサーニオ(ジョセフ・ファインズ)は、莫大な遺産を相続したポーシャ(リン・コリンズ)に求婚するため、親友のアントーニオ(ジェレミー・アイアンズ)に借金を頼む。しかし全財産を船で輸送中のアントーニオは、ユダヤ人の金貸し・シャイロック.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヴェニスの商人」 from prisoner's BLOG (2006年5月5日 9時6分)
    アル・パチーノ入魂の演技のせいもあるだろうが、どうもシャイロックの方に気持ちがいってしまって、結末のつけ方がキリスト教徒側に都合よすぎるのがなんだか不満。もともとそういう話なのには違いないが。 シャイロックが差別される怒りと不当性を訴える場面が迫力満点で、こっちの方がクライマックスに見える。ラスト、ユダヤ人たちからも追放されて佇む姿に同情してしまう。 シェイクスピア好みの美人の男装シーンが映画だと冗談みたいに見えるが、その割に喜劇的ではない。もっと笑える作りになっていところだと思うのだが、監督はマジメ体質 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年10月24日の週の公開作品
  3. 『ヴェニスの商人』