シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
リトル・ランナー
英題:
SAINT RALPH
製作年:
2004年
製作国:
カナダ
日本公開:
2006年3月4日
(Bunkamuraル・シネマ ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/ドルビーSR

チェック:新鋭のマイケル・マッゴーワン監督が脚本も担当した珠玉の感動作。奇跡を起こすために走り続ける少年を演じたのは、500人ものオーディションの中から選ばれたアダム・ブッチャー。神父役に『シェルタリング・スカイ』のキャンベル・スコット。看護士役には『ブロードウェイと銃弾』のジェニファー・ティリーらがあたり、主役をしっかりと支える。青春映画でもあり、母と子の絆や愛を描いた物語としても十分な見応えだ。

ストーリー:1953年、カトリックの私立校に通う14歳の問題児のラルフ(アダム・ブッチャー)は、病気で昏睡状態に陥ってしまった母(ショーナ・マクドナルド)のためにボストンマラソンに参加することを決意する。

リトル・ランナー

スタッフ

撮影監督: ルネ・オーハシ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『リトル・ランナー』の映画ニュース

  • 17歳のアダム・ブッチャー、ちょっとアブナイことは経験済み
    『リトル・ランナー』で主役を務めたアダム・ブッチャーが来日し、映画を撮影したときよりもすっかり大人になった彼が、撮影を振り返って楽しいトークを繰り広げてくれた。...てしまったほど大変な撮影を経て作られた『リトル・ランナー』。ブッチャー少年の、ピュアな演技に注目...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • リトル・ランナー from 映画通の部屋 (2006年8月8日 22時3分)
    「リトル・ランナー」SAINT RALPH / 製作:2004年、カナダ 98分 ...[外部サイトの続きを読む]
  • リトル・ランナー from Pocket Warmer (2006年3月22日 3時15分)
    邦題:リトル・ランナー 原題:SAINT RALPH 監督:マイケル・マッゴー ...[外部サイトの続きを読む]
  • ■リトル・ランナー~奇跡なんて起こしてみせる from AKATUKI DESIGN (2006年3月12日 12時5分)
    リトル・ランナーの鑑賞をしてきました。 リトル・ランナーはボストンマラソンに挑戦する少年の奇跡の物語。 --- 名誉の戦士を遂げた父。 病気の母をもつ主人公ラルフは、神学学校に通う14歳の少年。 神学学校では、神を冒涜するような行いを起こす問題児だった。 そのラルフが、母が昏睡状態になった事で、神の力”奇跡”を信じるようになる。 もし、自分がボストンマラソンで優勝したら奇跡だ。 その奇跡が、起こればきっと母も奇跡で助かると・・・ --- 奇跡は神のみぞ起こすもの。 たやすく、奇跡と口にするなと ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「リトルランナー」見てきました。 from よしなしごと (2006年3月9日 2時35分)
    今日は単館系映画リトルランナーを見てきました。バトルランナーとは1文字しか違いませんが、全く違います。チケットを買う時に「リトルダンサー、大人1枚。」と言ってしまいましたが、これも違います。リトルランナーです。はい。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『リトル・ランナー』封切! from クライマーズ・ハイ (2006年3月5日 9時13分)
    「なんで走っているのですか?」   くれぐれも、そんな難しいこと訊かないでくだ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年2月27日の週の公開作品
  3. 『リトル・ランナー』