シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ファイナル・カット
英題:
THE FINAL CUT
製作年:
2004年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2005年12月23日
(K's cimena ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:『レナードの朝』などの名優、ロビン・ウィリアムズと『パッション』のジム・カヴィーゼル共演の近未来映画。久々にスクリーンに登場するミラ・ソルヴィノの姿も見逃せない。個人の人生を左右する記憶チップを巡っての攻防がスリリングだ。プライバシーが他人の手で編集されるという発想もすごい。追悼会では人生の良い場面のみを流すという偽善も鋭くえぐり出した意欲作。

ストーリー:近未来では脳に埋め込んだチップに個人の生涯を記録し、死後編集された映像を追悼会で流すのが流行していた。編集者のアラン(ロビン・ウィリアムズ)は大物弁護士の依頼を受けるが、かつての同僚(ジム・カヴィーゼル)にチップを譲れと脅される。

ファイナル・カット

写真ギャラリー

Lions Gate Films/Photofest/ゲッティ イメージズ


スタッフ

監督・脚本:
衣裳デザイン: モニク・プルドーメ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ファイナル・カット』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ファイナル・カット(2004) from 佐藤秀の徒然幻視録 (2011年2月18日 19時29分)
    オマール・ナイーム監督、ロビン・ウィリアムズ、ミラ・ソルヴィーノ、ジム・カヴィーゼル、ミミ・クジャック、トム・ビショップ。て全人生を記録する脳内に移植された「ゾーイ」( ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ファイナル・カット <消化不良> from ネタバレ映画レビュー <映画感想文みたいなもの> (2011年2月13日 18時18分)
    設定は、好みっぽい感じ。 カメラ視点が、人間の目線なんだな。酔いそう。 いい時も、悪いときもあるけど、死んだら良かった時の記憶になる。 そりゃそうだ。 転機となる事件が起きるまで、ちょっと長いな。 子ども役は、Genevieve Buechner。いい感じで年とったみたいだなぁ。 気になる。 トータルリコール、マトリックス・攻殻機動隊っぽくなって来た。 展開がゆっくりだなぁ。悪く言えば、タルい。 最後まで、あんまり意味がない。 設定を消化しそこねた、消化不良起こし ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ファイナル・カット」 from 或る日の出来事 (2008年3月27日 22時30分)
    映画を見るのはいいが、それをすべて記事にする方針の我が家では、どんどんと記事を書かないと、すぐに書いていない映画たちが溜まってくる... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ファイナル・カット from a rebel against authority (2006年12月11日 18時56分)
    ファイナル・カット/ロビン・ウィリアムズ ¥1,980 Amazon.co.jp 近未来、子どもが胎内にいる時に、 脳の中にゾーイ・チップと言う記憶媒体を埋め込み、 その人が亡くなったあと、その記憶を編集して追悼上映会を行う と言うビジネスが行われると言うお話です。 幾ら ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ファイナル・カット」 from NUMB (2006年9月25日 19時35分)
    「ファイナル・カット」 ★★ THE FINAL CUT (2004年カナダ/ドイツ) 監督:オマー・ナイーム 脚本:オマー・ナイーム キャスト:ロビン・ウィリアムズ、ミラ・ソルヴィノ、ジム・カヴィーゼル、ミミ・カジ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年12月19日の週の公開作品
  3. 『ファイナル・カット』