シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ブレイブ ストーリー

ブレイブ ストーリー
(C) 2006 フジテレビジョン / GONZO / ワーナーエンターテイメントジャパン / 電通 / スカパー!WT
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2006年7月8日
(丸の内ルーブル ほか)
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:宮部みゆきのベストセラー小説をアニメ映画化した冒険ファンタジー。不幸のどん底に突き落とされた少年ワタルが、運命を変えるために飛び込んだ異世界での冒険を描く。TVシリーズ『青の6号』などで知られる日本最先端の映像制作スタジオ、GONZOが映像を手掛ける。主人公・ワタルの声を務めるのは女優・松たか子。そのほか、大泉洋、常盤貴子といった豪華な顔ぶれが声優として参加している。広大なファンタジーの世界と、ストーリーに内包される普遍的なメッセージが心を引く。

ストーリー:どこにでもいる平凡な小学5年生のワタルは、父親の家出と母親の自殺未遂を機に不幸のどん底に突き落とされてしまう。あまりにもつらい自分の運命を変えたい気持ちに駆られたワタルは、転校生のミツルに教えてもらった“運命を変える扉”を開け、ありとあらゆる冒険が待つ幻界へ飛び込むが……。

ブレイブ ストーリー
(C) 2006 フジテレビジョン / GONZO / ワーナーエンターテイメントジャパン / 電通 / スカパー!WT

スタッフ

監督:
製作総指揮: 亀山千広
脚本: 大河内一楼
原作: 宮部みゆき
撮影監督: 吉岡宏夫
編集: 瀬山武司
3D監督: 白井宏旨
アニメーション制作: GONZO

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ブレイブ ストーリー』の映画ニュース

  • 今年のサンダンス映画祭で審査員大賞と観客賞をダブル受賞した話題作『バース・オブ・ネイション』(2017年日本公開予定)について、監督・脚本・主演のネイト・パーカーが...がて奴隷たちと共に反乱を企てていくというストーリー。 いつ頃、この企画が実を結び始めたのか...
  • 吸血鬼と戦う若者を描いたアクションゲーム「AKIBA'S TRIP」シリーズのテレビアニメ化が決定し、2017年1月より放送を開始することが明らかになった。本日開催された東京ゲー...さらして戦う本作。アニメ化に際し、映画『ブレイブ ストーリー』や「咲-Saki-」「巌窟王」な...
  • アメリカの伝説のジャズ歌手ニーナ・シモンさんを描いた伝記映画『ニーナ(原題) / Nina』の配給権を、RLJ エンターテインメントが獲得したことがVarietyほか複数メディア...で報じられた。 本作は、映画『ブレイブ ワン』のシンシア・モートが脚本兼監督を...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画 ≪ ブレイブ ストーリー ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2011年4月24日 2時55分)
    「失敗したら二度と戻っては来れない」――そんな危険を冒してでも、どうしても叶えたい願いがあった。それは、バラバラになってしまった家族を取り戻すこと。自分に降りかかった最悪な運命を変えるために、あ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ブレイブストーリー from MOVIESHELF (2008年10月16日 3時23分)
    ブレイブストーリー DVD 鑑賞:レンタル 満足度:★★★☆☆ 出演  三谷亘(ワタル)役・・・・ 松たか子  芦川美鶴(ミツル)役... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ブレイブ ストーリー from 映画のレビュー!!+α (2007年5月10日 2時22分)
    2006 監督:千明孝一 声優:松たか子, 大泉洋, 常盤貴子, ウエンツ瑛士, 今井美樹 ●概要 漠然としたストーリー 運命を変えるために、異次元の世界に旅立った少年は人々との出会いを介して、 勇気を持っていく。 クチコミ的なトピックス ・宮部みゆきの原作がある。宮部みゆきといえば、『模倣犯』などサスペンスで有名である。 ・声優陣が豪華である。松たか子、ウエンツ瑛士など俳優として有名な人々が参加している。 ・アクア・タイムズという若者に人気の出ていたバンドが主題歌をうたっていた。 ・公開当時、かな ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ブレイブ ストーリー」 from prisoner's BLOG (2007年5月6日 16時54分)
    宮部みゆきの原作は知らないが、ゲーム風という印象が強い。 プロット+キャラクター+声優の知名度…といった感じで内容・製作の両方にわたって、足し算引き算で作っていったよう、というか。 「オズの魔法使い」の昔から、ファンタジーの世界が現実から逃避するツールではなく、ときおり現実が嵌入してくる鏡、という構造はあるけれど、これもそのパターン。 ファンタジーだからといって、避けられない不幸を避けられたりする(ハリウッド映画だと平気で死んだ人間がほいほい甦ったりする)安直さはないけれど、大風呂敷を広げた割りに展開が駆け ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ブレイブ ストーリー』舞台挨拶@新宿ミラノ1 from |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο (2006年11月24日 18時29分)
    オダギリジョー主演『ゆれる』の舞台挨拶を見る為に始発で出掛けたのだが、200人も徹夜組がいた為あえなく撃沈代わりにチケが余っていると夕刊に書いてあった『ブレイブストーリー』の舞台挨拶へ行ってきた。 サンスポ、報知とは言ってもマツリーヌこと藤間隆子様こと松.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年7月3日の週の公開作品
  3. 『ブレイブ ストーリー』