シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと

スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと
英題:
SPANGLISH
製作年:
2004年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2006年1月14日
(銀座シネパトス ほか)
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
SDDS・SRD・SR

チェック:『愛と追憶の日々』『恋愛小説家』のジェームズ・L・ブルックス監督が描く人間ドラマ。裕福な白人家庭で家政婦として働くメキシコ人女性が、言葉や価値観の違いに戸惑いながらも奮闘する姿を描く。キャストは『Carmen./カルメン』のスペイン女優パズ・ヴェガ、『パンチ・ドランク・ラブ』のアダム・サンドラーら実力派ぞろい。人種のるつぼアメリカの社会状況を映し出しながら、軽妙な語り口で家族の愛の物語に仕立てたブルックス監督の演出が光る。

ストーリー:愛娘の将来のために、故郷メキシコからL.A.へやってきたシングルマザーのフロール(パズ・ヴェガ)。より良い職を求め、ジョン(アダム・サンドラー)とデボラ(ティア・レオーニ)夫婦が営むクラスキー家で家政婦として働き始めるが、一家の生活に戸惑う。

スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと

写真ギャラリー

Kobal/GRACIE FILMS/COLUMBIA/The Kobal Collection/WireImage.com


スタッフ

脚本・監督・製作:
美術監督: アイダ・ランダム

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • van dealership valdosta ga from van dealership valdosta ga (2014年9月13日 11時14分)
    映画『スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと』 - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
  • スパングリッシュ from MneMe fragments (2011年3月2日 0時45分)
     SPANGLISH (2004) 監督: ジェームズ・L・ブルックス音楽: ハンス・ジマー出演: アダム・サンドラー、パス・ベガ、ティア・レオーニ、クロリス・リーチマン、シェルビー・ブルース、サラ・スティール メキシコからきた母子。フロールは裕福なアメリカの崩壊しそうな家庭(・・・でもそんなに緊迫感はないのよね)で家政婦として働くことになった。サクセスストーリーになるのか、家庭修復の救世主になるのか、はたまたラブストーリーなのか・・・と思ったら少女のアイデンティティの話に落ち着いた。 な ...[外部サイトの続きを読む]
  • スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと <移民と格差ドラマ> from ネタバレ映画レビュー <映画感想文みたいなもの> (2011年2月6日 18時30分)
    アダム・サンドラーというと、ドタバタを期待。 →ドタバタではありませんでした。 メキシコ人のお母さん、美人だなぁ。娘も美人だけど。 パズ・ヴェガさんだって。 心温まるわぁー。 ちょっとステレオタイプな感じもするけど、映画だし、わかりやすい。 吹き替えも良かった。 スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと - goo 映画 ・スパングリッシュ/太陽の国から来たママのこと@ぴあ映画生活 http://www.cinematoday.jp/movie/T0004083 ...[外部サイトの続きを読む]
  • スパングリッシュ from ダイターンクラッシュ!! (2010年7月11日 10時19分)
    2010年7月10日(土) 録画再生(BS h 5月19日15:00放送) スパングリッシュ [DVD]出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメントメディア: DVD 上映時のタイトルは「スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと」のようだ。パトスの刑だった。 メキシコから「エコノミー・クラス」で入国した母娘と四つ星レストランのシェフの金満家族との交流。母が、シェフの家の家政婦として働く。 シェフの役は、アダム・サンドラー! いつものアホ面の間抜け演技をせず、意外に魅力的な男を極め ...[外部サイトの続きを読む]
  • Spanglish / スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと from Reino de Reine (2007年5月4日 22時12分)
    父親が家を捨てて出て行ったきりなので、クリスティーナは母フロールの女手一つで育てられた。十分に辛かったろうに、母はクリスティーナには涙の一粒も見せはしなかった。つましい暮らしの中でも強く潔く清く生き抜 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年1月9日の週の公開作品
  3. 『スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと』