シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

美しき運命の傷痕

美しき運命の傷痕
英題:
HELL
製作年:
2005年
製作国:
フランス/イタリア/ベルギー/日本
日本公開:
2006年4月8日
(Bunkamuraル・シネマ ほか)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド
シネマスコープ/ドルビーデジタル

チェック:巨匠クシシュトフ・キェシロフスキの遺稿3部作の第2章「地獄」を、『ノーマンズ・ランド』でアカデミー外国語映画賞を受賞した新鋭ダニス・タノヴィッチ監督が映画化。幼い頃の経験からトラウマを抱え成長した3姉妹が、苦しみながらも力強く生きぬく姿を描く。出演はエマニュエル・ベアール、カリン・ヴィアール、マリー・ジラン、キャロル・ブーケらヨーロッパ屈指の名優たちが勢ぞろい。長編2作目とは思えない監督の巧みな演出が光る。

ストーリー:22年前に父親を失い、それぞれに問題を抱えている3姉妹。長女ソフィ(エマニュエル・ベアール)は夫の浮気を疑い、恋人のいない次女セリーヌ(カリン・ヴィアール)は母親の世話を引き受け、三女アンヌ(マリー・ジラン)は大学教授と不倫を続けていた。

美しき運命の傷痕

スタッフ

監督・脚色:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 美しき運命の傷痕 <暗渋い> from ネタバレ映画レビュー <映画感想文みたいなもの> (2011年6月11日 17時13分)
    ん?カッコウだな。 雰囲気のある人間ドラマか。 明るさが抑えられた、光の使い方が印象的だな。 女優さんも印象的だ。 エマニュアル・ベアールか!なんか名前に覚えがあるぞ。 マリー・ジランさんは、かわいい感じ。 嫉妬かな。不倫、愛憎。 ジュリー? おっ! うん、3人姉妹。 見た事あるかも。 ええーっ!! うーん、渋いね。 見た事あった気がした。 美しき運命の傷痕 - goo 映画 ・美しき運命の傷痕@ぴあ映画生活 http://www.cinemato ...[外部サイトの続きを読む]
  • 恍惚 from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会 (2008年11月10日 17時11分)
    人妻カトリーヌはある日、夫の浮気を知りショックを受ける。 ベルナールはセックスレスの夫… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「美しき運命の傷痕」 from 試写会帰りに (2007年1月12日 12時56分)
    「美しき運命の傷痕」試写。原題「L'ENFER」 英題「HELL」。 一体どんな映画なのか、粗筋だけをたよりに観ました。 その粗筋に罠があった……。 意味ありげなチラシの文句にまんまとはまってしまいました。 粗筋を探さずに、スクリーンから感じるままに観たかったです。 .. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「美しき運命の傷痕」/女の強さと美しさと恐ろしさと from I N T R O+blog (2006年4月10日 20時48分)
    『美しき運命の傷痕』(2005 / 仏=伊=ベルギー=日本 / ダニス・タノヴィッチ) Text By 仙道 勇人  ポーランドの巨匠クシシュトフ・キェシロフスキが、惜しまれつつ世を去ってから今年で丁度十年になる。それに合わせたのか単なる偶然か、後に残された「天国」「地獄」「煉獄」三部作の遺稿の一つ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 美しき運命の傷痕 from Pocket Warmer (2006年4月8日 23時13分)
    邦題:美しき運命の傷痕 原題:L' ENFER 英題:HELL 監督:ダニス・タ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年4月3日の週の公開作品
  3. 『美しき運命の傷痕』