シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

イマジン/ジョン・レノン

イマジン/ジョン・レノン
(C) 1988 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED. COURTESY WARNER HOME VIDEO PHOTOGRAPHS TO BE USED SOLELY FOR ADVERTISING, PROMOTION, PUBLICITY OR REVIEWS OF THIS SPECIFIC MOTION PICTURE AND TO REMAIN THE PROPERTY OF THE STUDIO. NOT FOR SALE OR REDISTRIBUTION.
英題:
IMAGINE: JOHN LENNON
製作年:
1988年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2005年12月6日
(ファンタスティックシアター)
上映時間:
協力:
ワーナー・ホーム・ビデオ

チェック:1986年に製作された、ジョン・レノンの人生をつづったドキュメンタリーが、没後25年という節目の年を迎えリバイバル上映される。ジョン・レノン自身がナレーションを務め、ビートルズ、妻ヨーコ、そして音楽について語る。生前のジョンを最もよく知る人々が語るジョン・レノンの素顔や、自宅のスタジオ、台所、そして寝室に至るまで、貴重な映像を満載。ミュージシャンとしてだけでなく、1人の人間として輝きつづけたジョン・レノンの偉大さが映し出されている。

ストーリー:1980年12月8日、熱狂的なファンの凶弾に倒れたジョン・レノン。彼の40年の生涯を、多数のプライベートフィルムや写真、オノ・ヨーコや息子のインタビューを織り交ぜてつづる。

イマジン/ジョン・レノン
(C) 1988 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED. COURTESY WARNER HOME VIDEO PHOTOGRAPHS TO BE USED SOLELY FOR ADVERTISING, PROMOTION, PUBLICITY OR REVIEWS OF THIS SPECIFIC MOTION PICTURE AND TO REMAIN THE PROPERTY OF THE STUDIO. NOT FOR SALE OR REDISTRIBUTION.

写真ギャラリー

Warner Bros./Photofest/MediaVast Japan


スタッフ

ナレーション: ジョン・レノン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『イマジン/ジョン・レノン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • イマジン/ジョン・レノン from 空想俳人日記 (2008年10月23日 17時56分)
    空想も 戯画っていれば 地図になる  空想するっていうことは・・・。 fancy? なんかファンシーグッズみたいだな。飾り(アクセサリー)じゃないのよ、空想は。じゃあ、daydream? 白昼夢ってコトバ、好きだな。デイ・ドリーマーってのも、いいよね。でも、空想家。空想 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「イマジン ジョン・レノン」 from prisoner's BLOG (2007年4月10日 0時1分)
    「なぜぼくのことを歌っているんだ」といやに思いつめた表情でレノンを問い詰める青年の実写映像が不気味。これが撮られた時はまだストーカーというのがそれほど危険なものだとは知られていなかったのだろう。それを知らしめたのが、もちろんレノン自身の射殺事件。 正直いって、歌った当人が殺されてしまったとなると、愛と平和の象徴としての歌「イマジン」のあり方にはいくらか違和感がある。暴力を「防げなかった」とあげつらうのはないものねだりにせよ。 少し映画などで感動的に「使われすぎている」せいもあるか。 本ホームページ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 イマジン ジョン・レノンはすごい映画だ from 僕のつぶやき。 ネットの窓から。 (2006年5月7日 17時17分)
    NHKBSで衛星映画劇場「イマジン ジョン・レノン」があった。この映画はジョン・レノンの人生をつづったドキュメンタリーでジョン・レノン自身がナレーションを務めている。つれあいのオノ・ヨーコ、さんビートルズのポール・マッカートニー、息子のジュリアンとション、先妻のシンシア、そしてレノンの叔母で彼の育ての親でもあるアーント・ミミたちのインタヴューによって彼の生い立ちや音楽性などを浮き彫りにしてゆく。そしてジョン・レノンの愛と平和の歌が流れる。彼の曲やブォーカルは今でも古くないし、僕の心を揺さぶる。すばらしいジョ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年12月5日の週の公開作品
  3. 『イマジン/ジョン・レノン』