シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
立喰師列伝
(C) 2006 押井守・Production I.G / 立喰師列伝製作委員会
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2006年4月8日
(シネクイント)
上映時間:
配給:
東北新社 / Production I.G
カラー/ビスタ/SRD

チェック:『イノセンス』などで世界中から注目され、常に新しい映像表現を開拓し続ける押井守監督の新感覚アニメーション。これまでの作品で繰り返し扱ってきた「立ち喰いのプロ」をモチーフに、伝説の立喰師たちの真剣勝負を実写と3DCGアニメを融合させて描く。押井監督渾身の一作に、スタジオジブリを率いる鈴木敏夫、映画音楽の巨星・川井憲次ら日本のトップクリエイターが結集。新技法「スーパーライヴメーション」を駆使した映像が異彩を放つ。

ストーリー:戦後間もない昭和20年、闇市にたたずむ一軒の立喰い蕎麦屋に謎の男が現れた。この男は「月見の銀二」と呼ばれる伝説の立喰師で、彼の容赦ない「ゴト」に店主は震撼する。時代は変わり、美貌の女立喰師「ケツネコロッケのお銀」や「哭きの犬丸」など多くの立喰師が、ただ一食のために己の全知と全能を賭け飲食店主に挑んでゆく。

立喰師列伝
(C) 2006 押井守・Production I.G / 立喰師列伝製作委員会

スタッフ

原作・脚本・監督:
企画: 石川光久
撮影: 坂崎恵一
3DCG: IKIF
ビジュアルエフェクツ: 江面久
音楽: 川井憲次
音響監督: 若林和弘
演出: 西久保利彦
アニメーション制作: Production I.G

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『立喰師列伝』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 立喰師列伝:押井守が描いた「立喰師」と「戦後」の変容 from ビールを飲みながら考えてみた… (2010年10月3日 13時45分)
    いやはや押井守節炸裂の作品。新しく近所に開店したTSUTAYAに置いてあったので手に取ったが期待以上の作品。混沌とした「戦後」から高度経済成長、政治の季節を経て現代に至る中で、時代を漂いあるいは抗ってきた「立喰師」たちの生き方を追ったドキュメンタリー。押井守が真剣にふざけている以上、こちらも真剣につきあわないと。 【予告編】 立喰師列伝 予告編 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLsuKQAiMf78Ak52wmGDA2xS4P1czEhKQSANzjD5 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 立喰師列伝 from The Palantir (2006年4月12日 23時41分)
    監督: 押井守 直近の作品:「イノセンス」 ネタ: 「うる星やつら」に関係あるらしい イコール: 大作の後はいい加減疲れただろうから、今度はギャグ映画 と勝手に決めつけて渋谷シネクイントへ。30分も前に行ったにもかかわらず、休日だったためか押し寄せる善.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 押井守ワールドですわ~「立喰師列伝」 from bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ (2006年4月12日 1時38分)
    別に監督のファンではないのですが 驚愕の 「スーパーライヴメーション」というのが 気になって 押井守監督の「立喰師列伝」を観てきました。 虚構の戦後史 歴史の闇にその名を刻んだ あらゆる飲食店を戦慄させた 伝説の仕事師<立喰師>達の物語 大まかな作品イメージは 上記のようになるのですが・・・ これまた見たことない 作品です。 これはあくまでも 良いか悪いかの作品ではなく 映画を知る上では 観ておかなければならない作品です。 期待した「スーパーライヴメーション」は 冒頭10分で堪能してしまいますが ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年4月3日の週の公開作品
  3. 『立喰師列伝』