シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
トカゲ女
(C) 2004 SAHAMONGKOLFILMINTERNATIONAL COMPANY LIMITED ALL RIGHTS RESERVED
英題:
LIZARD WOMAN
製作年:
2004年
製作国:
タイ
日本公開:
2006年4月8日
(シネセゾン渋谷)
上映時間:
配給:
トルネード・フィルム
カラー/シネマスコープ/SRD

チェック:『アタック・ナンバーハーフ』『トム・ヤム・クン!』など、驚愕の傑作を生み出し続けるタイ映画界が放つパニック・ホラー。ヤモリの悪霊が人間に憑依(ひょうい)し、関った者たちを次々と餌食にしてゆく。醜悪なトカゲ女に変身するヒロインに、『マッハ!』のルンラウィー・ボリジンダークン。監督・脚本・編集は、国際的にも評価の高いタイの巨匠マーノップ・ウドムデートが手がける。爬虫類5万匹の大群が、部屋中にびっしりと張りついた映像は驚異的。

ストーリー:タイ北部の洞窟で地質学者一行が落とした木箱から、邪悪な霊が解き放たれてしまう。同じころ、新作の宣伝のためチェンマイにやってきた人気ホラー作家クワン(ルンラウィー・ボリジンダークン)は、民芸店で小さな木箱を買って以来、ヤモリの幻覚に悩まされるようになる。やがて、クワンの周囲で不可解な現象が頻発してゆく。

トカゲ女
(C) 2004 SAHAMONGKOLFILMINTERNATIONAL COMPANY LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

スタッフ

監督/脚本/編集: マーノップ・ウドムデート
アシスタント・エディター: パークプーム・ゲーオサラップ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 口からトカゲ・ヤモリが・・・「トカゲ女」 from bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ (2006年5月24日 0時3分)
    「変態村」に続く トルネードフィルム配給 グロ映画? 東京では未だに人気?! 「トカゲ女」を見てきました。 タイ映画ですが・・・ まずは音響が良いのには 意外性でした。 単に、「トカゲ女」が 人を襲ったり、元恋人が助けたりと 単純な話と思いきや これが良いほうにみごとに裏切られました。 冒頭10分で 映画はすでに「トカゲ女」 登場、伝染人、死人うようよで どうするの?と疑問を。 でもそこからが 話が複雑になるけど ラスト近くのネタばれで納得! そんな終わり方・・・と ホラー特有のラストシーンですが ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年4月3日の週の公開作品
  3. 『トカゲ女』