シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

武士の一分(いちぶん)

公式サイト:http://www.ichibun.jp/
武士の一分(いちぶん)
(C) 2006「武士の一分」製作委員会
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2006年12月1日
(丸の内ピカデリー2 ほか)
上映時間:
配給:
松竹

チェック:山田洋次監督の藤沢周平時代劇映画化三部作の最後を飾るヒューマンドラマ。主演に『2046』で世界にも活躍の場を広げた木村拓哉を迎え、幕末に生きる武士の名誉と夫婦のきずなを描く。妻役の檀れいやかたき役の坂東三津五郎ほか、緒形拳や桃井かおりなど、日本を代表とする実力派俳優が勢ぞろいする。「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。そのタイトルが指し示す人間ドラマは、観るものの心を揺さぶる感動巨編。

ストーリー:下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める。妻が番頭の島田(坂東三津五郎)といい仲であることが判明し、絶望のなか離縁を決意。愛する妻を奪われた悲しみと怒りを胸に、新之丞は島田に“武士の一分”を賭けた果し合いを挑む。


スタッフ

監督:
プロデューサー: 深澤宏/山本一郎
原作: 藤沢周平
撮影: 長沼六男
美術: 出川三男
音楽: 冨田勲
編集: 石井巌
衣裳デザイン: 黒澤和子

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『武士の一分(いちぶん)』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画 ≪ 武士の一分 (いちぶん) ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2011年5月9日 17時55分)
    興収40億円、日本アカデミー賞最多13部門、ベルリン映画祭 3部作連続出品をはじめ、各映画賞を席巻。木村拓哉×山田洋次という日本が誇るトップスターと巨匠のコラボレーションが生みだした傑作。  三... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 武士の一分(2006) from 佐藤秀の徒然幻視録 (2009年12月29日 18時56分)
    公式サイト。藤沢周平原作、山田洋次監督、木村拓哉、檀れい、笹野高史、坂東三津五郎、緒形拳、桃井かおり、小林稔侍。 テレビでの観賞。山形・庄内地方の下級武士で毒味役の三村新之丞(木村拓哉)は「アホだのう」が口癖だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 武士の一分  DVD from 悠久の華美 (2009年9月13日 6時54分)
    山田洋次監督の時代劇3部作ですね。「たそがれ清兵衛」はDVD で「隠し剣 鬼の爪」は劇場で観ました!2作観てるので、3作目も はずせ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 武士の一分 from ダイターンクラッシュ!! (2009年8月26日 4時32分)
    12月1日(金) 20:50~ 丸の内ピカデリー1 料金:1000円(映画サービスデー) パンフ:800円 武士の一分 [DVD]出版社/メーカー: 松竹メディア: DVD 「何をやってもキムタク」なんで、常に散々酷評される木村拓也だが、ハウルの動く城以降は、キムタク度がかなり下がってきて、今回は、役所広司の「何をやっても役所広司」より、かなりいいと思うぞ。ここまで演技が出来たとは、正直びっくりだ。 話は、山田洋次監督の時代劇前の2作品同様。予定調和なので、安心して見られる。それなりのカタルシスのあ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】武士の一分 from 特別-the blog- (2008年1月3日 23時5分)
    武士の一分 監督:山田洋次 2006年 日本 人には命をかけても守らねばならない一分がある。 年末に放送されていた「武士の一分」を観た。 山田洋次監督「時代劇三部作」(「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年11月27日の週の公開作品
  3. 『武士の一分(いちぶん)』