シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

クライング・フィスト

公式サイト:http://crying-fist.com/
クライング・フィスト
(C) 2005 SHOWEAST All Rights Reserved.
英題:
CRYING FIST
製作年:
2005年
製作国:
韓国
日本公開:
2006年4月15日
(渋谷アミューズCQN ほか)
上映時間:
配給:
東芝エンタテインメント
カラー/シネマスコープサイズ/SRD

チェック:監督と脚本、俳優にアクション監督とマルチな才能を発揮するリュ・スンワン監督が男の悲哀を描いた人間ドラマ。人生を取り戻そうとする中年男と、初めて人生の意味を知る若者がボクシングに全てを賭ける姿を描き出す。ラストのシナリオのないボクシング対決を提案したのは『オールド・ボーイ』のベテラン、チェ・ミンシク。彼と闘う栄誉を得たのは監督の実弟で『ARAHAN/アラハン』などの肉体派、リュ・スンボム。人間としてのプライドを賭けた凄まじい死闘が胸を打つ傑作。

ストーリー:元アジア大会銀メダリストのボクサー、テシク(チェ・ミンシク)は事業に失敗し、路上で“殴られ屋”をして日銭を稼いでいた。問題児で19歳のサンファン(リュ・スンボム)は少年院に入り、ボクシング部に所属することになる。年齢も育ってきた環境も全く異なる2人が、偶然にも新人王戦で同じリングで闘うことになる。

クライング・フィスト
(C) 2005 SHOWEAST All Rights Reserved.

スタッフ

プロデューサー: ハン・チェドク

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • クライング・フィスト from 映画通の部屋 (2006年8月8日 21時45分)
    「クライング・フィスト」 CRYING FIST / 製作:2005年、韓国 1 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クライング・フィスト」 from prisoner's BLOG (2006年4月27日 1時33分)
    若いのと中年のと二人の男をずうっと等分に追っていき、それぞれが背負っている人生の重みや家族の絆をよく知った上で、ラストのボクシング新人戦へと雪崩れ込む。 普通のボクシング・ドラマだったら試合の結果がドラマの結論になるわけだが、両方合わせたらどっちかが勝てばどっちかが負けるのには変わりなく、つまりは人生という“闘い”だけが残るかのよう。 チェ・ミンシクが日本の歌舞伎町に出没していた「殴られ屋」晴留屋明がモデルの役をやると聞いて以来、最も見たい映画だったが、期待にたがわぬ出来。若手のリュ・スンボムがこれまた勝 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『クライング・フィスト』@殴られ屋の生き様とは from 今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~ (2006年4月4日 14時20分)
    隣席総勢大泣きの映画館は久しぶりに経験しました。なんでこんなにウルウルくるんだろう。人生は最高のドラマだから? 『クライング・フィスト』公式サイト クライング・フィスト ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年4月10日の週の公開作品
  3. 『クライング・フィスト』