シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
死者の書
(C) 2005 株式会社桜映画社/有限会社川本プロダクション
製作年:
2005年
製作国:
日本
日本公開:
2006年2月11日
(岩波ホール)
上映時間:
配給:
株式会社桜映画社
35mm/カラー/スタンダード

チェック:NHKで放送された「人形劇三国志」や『冬の日』の川本喜八郎が企画と監督を務めた人形アニメーション。天武天皇の死後、24歳の若さで死刑に処せられた大津皇子の霊を、信心深い藤原南家の郎女が鎮めるという霊魂不滅の精神をうたう物語。声の出演は、郎女役に宮沢りえほか、江守徹や黒柳徹子に岸田今日子といったベテラン勢が務める。人形が演じる人間の心理深さ、優雅な動きに魅了されるとともに、無念のうちにこの世を去った死者を弔う日本人の美徳がひしひしと伝わってくる静かな感動作。

ストーリー:8世紀半ばの奈良。藤原南家の郎女(ふじわらなんけのいらつめ)は仏教に目覚め、父から送られてきた「称賛浄土教」の写経を始めていた。春分の日、郎女は、二上山の峰の間に日が沈む瞬間、そこに俤(おもかげ)人の姿を見る……。

死者の書
(C) 2005 株式会社桜映画社/有限会社川本プロダクション

スタッフ

脚本・監督:
製作: 村山英世
プロデューサー: 福間順子
撮影・照明: 田村実
美術: 工藤瑞樹
音楽: 廣瀬量平
編集: 伊藤伸行

キャスト

語り:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『死者の書』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「死者の書」 from prisoner's BLOG (2006年4月12日 5時5分)
    川本喜八郎相変わらず入魂の一作だが、長編となると「鬼」「道成寺」「火宅」あたりの短編のスゴ味と不条理感は薄れるみたい。 人形に命を吹き込む人形アニメだと生死のあわいが自然に表現できる。 折口信夫の原作同様、近代の直線的なものとは違う中世の多焦点的な時間や「語り」の感覚を再現しようとしているよう。志が高いのはわかるが、その分いささかとっつきにくい。 実写では吉田喜重の「嵐が丘」が試みていたことに近い。 基本的に顔の表情は動かないで、局面の変化によって色々な表情に見えてくるというのはウルトラマンみたい。とい ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年2月6日の週の公開作品
  3. 『死者の書』