シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

デス・トランス

デス・トランス
英題:
DEATH TRANCE
製作年:
2005年
製作国:
日本/アメリカ
日本公開:
2006年5月20日
(シネマート六本木 ほか)
上映時間:
配給:
メディア・スーツ
カラー/ビスタサイズ/DTSステレオ

チェック:『VERSUS』『SHINOBI』等でアクション監督を務めてきた下村勇二が初メガホンをとった新感覚の時代アクション。何でも願いがかなうという「棺」をめぐって、戦乱の時代を生きる豪傑たちが壮絶なバトルを繰り広げる。主演を務めた『VERSUS』の坂口拓がアクション監督も兼任。スタイリッシュな映像や剣術、格闘、銃撃がミックスされた独特のアクション演出が見もの。トリック撮影に頼らず、素手で殴り合うという“痛み”が伝わるリアルなバトルシーンも見逃せない。

ストーリー:争いが絶えない戦乱の世に、西の“禁断の森”で開けるとどんな願いもかなうとうわさされる「棺」が存在した。過去百年の間、棺は東の寺の屈強な僧侶らに守られていたが、ある日、より強い者との戦いを望むグレイヴ(坂口拓)という男が棺の強奪に成功。次々と刺客が襲いかかる中、グレイヴは“禁断の森”を目指し、棺桶を引きずりながら戦いの旅を続ける。

デス・トランス

スタッフ

監督:
アクション監督: 坂口拓 / 小原剛
撮影: 藤田真一
衣装・キャラクターデザイン・オリジナルコミック: 武内香菜
音楽: 小川類

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『デス・トランス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「デス・トランス」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2010年2月15日 16時49分)
    Amazon.co.jp ウィジェット 「デス・トランス」 ちょっと古い作品ですが、現代の邦画のアクションレベルを知りたくてチョイス。 北村龍平監督のもとでアクション監督をしていたという下村勇二の初監督作品。 殴ってる姿が本気に見えるかどうかという点ではそれなりい見.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 世界に向けて発進!「デストランス」どうかな? from bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ (2006年7月8日 3時7分)
    去る7月1日は土曜日で 映画が1000円だったので みなさん観にいかれたでしょう? bobbyshiroは 大作をほとんど観てしまっていたので HPで気になっていた 「デストランス」を観てきました。 「SHINOBI」のアクション監督の 下村勇二監督デビュー作なので 期待大だったのですが・・・ スピード感があり 時代劇風なのに 今風なセリフとロックがんがん 斬新なアイディアも ストーリーの悪さに尻窄み。 話がいきなり始まり 戦いへ キャラクターが掴めないまま 終盤へ・・・ 話も掴めなかった。 映画を ...[外部サイトの続きを読む]
  • DEATH TRANCE from -NEVER LAND- (2006年5月22日 11時49分)
    監督:下村勇二 脚本:加藤淳也・藤田真一・千葉誠治・下村勇二 主演:坂口拓 てなワケで初日舞台挨拶付き初回上映観て来ました。シネマート六本木だったんですけど、微妙にわかりづらいシアターでございました…。独りじゃ辿り着けなかった、絶対(笑)。 一口感想:惜し.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年5月15日の週の公開作品
  3. 『デス・トランス』