シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ロシアン・ドールズ
英題:
LES POUPEES RUSSES
製作年:
2005年
製作国:
フランス/イギリス
日本公開:
2006年5月20日
(シャンテシネ ほか)
上映時間:
配給:
角川ヘラルド映画
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD

チェック:バルセロナに留学したフランス人青年が、国籍の異なる学生たちと共同生活を送る姿を描いた『スパニッシュ・アパートメント』の続編。今作では、30歳になった主人公の仕事や恋愛に対する不安がつづられている。監督は前作に引き続き、『猫が行方不明』のセドリック・クラピッシュが担当。主人公の青年グザヴィエを『真夜中のピアニスト』のロマン・デュリスが演じている。前作よりも大人になった登場人物の揺れ動く心情が共感を呼ぶ。

ストーリー:バルセロナでの留学生活から5年たち、30歳になったグザヴィエ(ロマン・デュリス)は、今や1児の母となった元恋人マリアンヌ(オドレイ・トトゥ)との関係も煮えきらず、悶々とした毎日を過ごしていた。そんな中、彼はかつての留学生仲間ウェンディ(ケリー・ライリー)と一緒に、TVドラマの脚本執筆の仕事をすることになる。

ロシアン・ドールズ

スタッフ

撮影監督: ドミニク・コラン
プロダクション・デザイン: マリー・シュミナル

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ロシアン・ドールズ』の映画ニュース

  • 『スパイダーマン3』の女優ルーシー・ゴードンが自殺!遺体で見つかる
    映画『スパイダーマン3』に出演したイギリスの女優、ルーシー・ゴードンが20日に自殺したと彼女の代理人が発表した。 警察によると、ルーシーはパリの自宅アパートで首をつ...リス主演のフランスとイギリスの合作映画『ロシアン・ドールズ』でその名を知られることになった。『スパ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『ロシアン・ドールズ』★ロマンのハマリ役☆ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年2月19日 0時57分)
    映画レビューしてみました....... http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324481/rid24/p0/s0/c0/ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/15577/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ロマン・デュリス主演の「スパニッシュ・アパートメント」の続編的な作品ですが、 1話完結的なので、前作を知らなくても、支障ないでしょう。 ただ、過... ...[外部サイトの続きを読む]
  • セドリック・クラピッシュ(9) 作品解説「ロシアン・ドールズ」 from シネストック | 映画批評 (2006年8月27日 1時31分)
    30歳となったグザヴィエは、テレビドラマの脚本や雑誌への執筆など、ライターとして着実にキャリアを積み上げていた。しかし、理想だった小説家への道はいまだ遠く、このままでは現実に押し流されそうな状況だ。そんなある日、ひょんなきっかけから、バルセロナ時代の親友ウェンディと一緒に仕事をすることになった彼は、それまで気づかなかった彼女への恋愛感情に目覚める。その頃、ウェンディの弟ウィリアムがロシア人女性と結婚することになり、スパニッシュ・アパートメントの懐かしい面々がサンクトペテルブルクで久しぶりの再会を果たした。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ロシアン・ドールズ』 from Junk Style (2006年8月8日 22時17分)
    昔からダイスキな セドリック・クラピッシュ監督の久々の新作は  前作 『スパニッシュ・アパートメント』 の続編  また多国籍多性別の彼らに会えて 嬉しいよ スペインでの学生生活から5年 30歳 少しはオトナになって それなりに成長しているようでいて いまだばたばたしている辺りも 変わりないようで 作品のなかでは相変わらず 悩んでる日々の彼らだけど 前作から最も変わったのは 彼ら本人達の経歴かも 『ルパン』 『真夜中のピアニスト』 で押しも押されぬ注目株となった ロマン・デュリスくんはじめ 『アメリ』 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年5月15日の週の公開作品
  3. 『ロシアン・ドールズ』