シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

親密すぎるうちあけ話

親密すぎるうちあけ話
(C) Les Films Alain Sarde/WISEPOLICY
製作年:
2004年
製作国:
フランス
日本公開:
2006年6月10日
(シャンテシネ)
上映時間:
配給:
ワイズポリシー
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル/DTS

チェック:『髪結いの亭主』のフランスの名匠パトリス・ルコント監督が、孤独な男女のおりなす感情の駆け引きを描いたロマンティック・コメディ。ルコント監督作『列車に乗った男』に続き全米中でロングランを記録した話題作。『灯台守の恋』のサンドリーヌ・ボネールと『バルニーのちょっとした心配事』のファブリス・ルキーニが、愛に傷ついた男と女を人生の哀歓を漂わせながら軽妙酒脱に演じる。上質なユーモアに富んだ大人のための寓話。

ストーリー:妻と別れて孤独な日々を送る会計士のウィリアム(ファブリス・ルキーニ)の事務所に、ある日、アンヌ(サンドリーヌ・ボネール)という名の美しい女性が訪ねてくる。彼女は前ぶれもなく自分の夫との私生活について赤裸々に語り始めるが、実は精神科医を訪ねるつもりが、ノックするドアを間違えてしまっていたのだった……。

親密すぎるうちあけ話
(C) Les Films Alain Sarde/WISEPOLICY

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『親密すぎるうちあけ話』の映画ニュース

  • ケヴィン・クライン、フランス人監督映画へ出演
    ケヴィン・クラインが、フランス人監督キャロリーヌ・ボッタロの新作『ジュウーズ(英題:Queen to Play)』(原題)へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。『フレ...人生が大きく変わっていくストーリーだ。『親密すぎるうちあけ話』のサンドリーヌ・ボネールが主人公のメイ...
  • ヒラリー・スワンク、『親密すぎるうちあけ話』のリメイクを企画
    ヒラリー・スワンクが、2004年のフランス映画『親密すぎるうちあけ話』のリメイクを企画していることが明らかになった。『親密すぎるうちあけ話』は、税理士を精神分析医だ...
  • 森三中の大島が仰天!「だんなは浮気している!」と断言される
    フランスの名匠パトリス・ルコント監督の新作『親密すぎるうちあけ話』のトークイベントが開かれ、ゲストに、最近新たな魅力で人気再燃中の青田典子と森三中のボケ役、大島...不安は消えていない様子だった。 また、『親密すぎるうちあけ話』の公開初日の6月10日と11日の19時からの...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ★ 『親密すぎるうちあけ話』 from 映画の感想文日記 (2007年5月10日 4時57分)
      2004年、Canal, "CONFIDENCES TROP INTIMES". パトリス・ルコント監督。この監督の作品は『髪結いの亭主』、『仕立て屋の恋』というのを見たことがあるが、見ている ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「親密すぎるうちあけ話」 from SKETCHES (2007年4月9日 20時52分)
    ホワっとした猫ッ毛の男性が、しゃがんだ時に「つむじ」が見える角度が意外とツボです。子供みたいに無防備に見えて、母性本能をくすぐられるカンジでしょうか? ここで必ず言われる一言は「それってただのフェチじゃん ...[外部サイトの続きを読む]
  • 親密すぎるうちあけ話 Carfidences Trop Intimes from ミスター・スポックを探せ! (2007年2月14日 0時2分)
    「君は南へ行くと思ったんだ。あの頃のように太陽を追って。」 男の職業は税理士。つい最近離婚したばかりで一人暮らし。パリ市内の雑居ビルにある父親から引き継いだオフィスと、自宅とを行き来するだけの生活を送っていた。ある日、彼のオフィスに女が訪れる。「結.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 親密すぎるうちあけ話 from 映画通の部屋 (2006年8月8日 21時13分)
    「親密すぎるうちあけ話」 Confidences Trop Intimes/製作 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「親密すぎるうちあけ話」 from prisoner's BLOG (2006年7月11日 23時2分)
    右と左を間違える人、というのはけっこういるので、それがきっかけで分析医の代わりに会計士のところに美女が紛れて来てしまい、という出だしは良い。 だけど、たとえば、ヒロインがやたらタバコをぷかぷか吸うものでゴミ箱の中に火がついてしまい、消し止めたあと煙を逃がすため窓を開ける、それで机の上の書類がどっと飛ぶのを拾い集めるのだけれど、その中身をヒロインが見て正体を知るとかどうにかなるのかと思ったらどうにもならないのです。 なんかねっとりとものものしい割りに細かいところで詰めていない気がしたりして、どうも眠くて困っ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年6月5日の週の公開作品
  3. 『親密すぎるうちあけ話』