シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

トンマッコルへようこそ 

公式サイト:http://www.youkoso-movie.jp/
トンマッコルへようこそ 
(C) 2005 Showbox/Mediaplex Inc.
英題:
WELCOME TO DONGMAKGOL
製作年:
2005年
製作国:
韓国
日本公開:
2006年10月28日
(シネマスクエアとうきゅう ほか)
上映時間:
配給:
日活
カラー/ドルビーデジタル

チェック:架空のユートピア“トンマッコル”を舞台に、敵対する兵士たちが癒されていく姿をとらえた人間ドラマ。戦争に疲れ果てた男たちが、心優しい村人たちとの交流を通して成長する姿を描く。ユートピアである村を象徴するかのような無垢(むく)な少女にふんするのは、『オールド・ボーイ』のカン・ヘジョン。彼女と森で出会う人民軍兵士役に『小さな恋のステップ』のチョン・ジェヨンがふんし、コミカルな一面を見せている。音楽を担当した久石譲は、フルオーケストラを使用した壮大な演奏によって、心温まる物語を引き立てている。

ストーリー:1950年代の韓国で、米国空軍のパイロット、スミス(スティーブ・テシュラー)の飛行機がトンマッコルの村の近郊で墜落した。村人たちの手厚い手当てを受けていると、そこに韓国人兵士のピョ(シン・ハギュン)らがやって来る。するとまたそこに村の少女ヘイル(カン・ヘジョン)に案内された人民軍の兵士リ(チョン・ジェヨン)らが現れる。敵対する兵士たちが鉢合わせとなり、その場は一触即発の危機に陥る。

トンマッコルへようこそ 
(C) 2005 Showbox/Mediaplex Inc.

スタッフ

音楽: 久石譲
視覚効果: チョ・イソク

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『トンマッコルへようこそ 』の映画ニュース

  • 江頭2:50、あわや出禁の大暴走!タマちゃん下ネタで伝説達成!?
    大の映画好きとして知られる江頭2:50が22日、多摩市で開催中の「TAMA映画祭」に登場、「江頭2:50がTAMA映画祭でピーピーピーするぞ!」と題した公開収録行った。あふれんばか...本編を熱演で再現しながら絶賛。『JSA』『トンマッコルへようこそ』といった過去の韓国映画も引き合いに出し...
  • 韓国のマチャミ、「宮迫です!」でつかみはオーケー?
    2005年、韓国で興行成績第1位を記録した話題作『トンマッコルへようこそ』の試写会イベントが、10月14日、新宿・東京厚生年金会館で行われ、ゲストとして韓国の人気女性コメ...めて出演したCMをプロデュースしたのが、『トンマッコルへようこそ』の監督、パク・クァンヒョンだった。場内...
  • 山口もえが安倍総理にエール!
    10月11日、韓国映画『トンマッコルへようこそ』のジャパンプレミアが、新宿・東京厚生年金会館で開催され、パク・クァンヒョン監督とタレントの山口もえが舞台あいさつを行...んて、びっくり。お幸せに」と語った。 『トンマッコルへようこそ』は、平和な村“トンマッコル”で鉢合わせし...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「トンマッコルへようこそ」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2010年5月19日 13時48分)
    「トンマッコルへようこそ」 韓国でかなりヒットした映画のようです。 戦争を題材にしていますが、寓話的でその表現が秀逸です。 トウモロコシがはじけてポップコーンになる所や、橋の爆破シーンを思い出す入り方など、印象に残るシーンが多々あります。 ただ全体的に.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【トンマッコルへようこそ】争いとは無縁の魔法の村 from 映画@見取り八段 (2009年9月28日 22時59分)
    トンマッコルへようこそ~Welcome to Dongmakgol~ 監督: パク・クァンヒョン 出演: シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、イ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • トンマッコルへようこそ DVD from 悠久の華美 (2009年9月7日 7時5分)
    カン・ヘジョンちゃん目当てです!「オールド・ボーイ」のMIDO役、凄く 良かったよね?不思議な少女ヘイルをかなり魅力的に演じてたと ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • トンマッコルへようこそ from さくらの映画スイッチ (2007年5月3日 3時5分)
    最後の笑顔が印象的だった               英題 : Welcome to Dongmakgol 監督 : パ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『トンマッコルへようこそ』 from 試写会帰りに (2006年11月13日 0時53分)
    試写にて『トンマッコルへようこそ』鑑賞。しっかりと一貫した反戦のメッセージに添いながらも、のびのびとどこまでも自由で、昔の日本映画のような力強くのびやかな勢いを感じました。 トンマッコルへようこそ 『ククーシュカ ラップランドの妖精』と似たような話かな?.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年10月23日の週の公開作品
  3. 『トンマッコルへようこそ 』