シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

森のリトル・ギャング

公式サイト:http://mori-gang.com/
森のリトル・ギャング
(C)2006 DreamWorks Animation LLC and DreamWorks LLC. Over The Hedge TM DreamWorks Animation LLC.
英題:
OVER THE HEDGE
製作年:
2006年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2006年8月5日
(渋谷東急 ほか)
上映時間:
配給:
アスミック・エース

チェック:『シュレック』や『マダガスカル』を手がけたドリームワークスアニメーションによる、フルCGアニメのファミリー・アドベンチャー。森の小動物たちが食糧を調達するために人間の住宅地に進入し、騒動を繰り広げる様をコミカルに描く。監督は『アンツ』のティム・ジョンソンと本作が監督デビューとなるカレイ・カークパトリックが担当。声優陣にはブルース・ウィリスやニック・ノルティのほかアヴリル・ラヴィーンらスターが勢ぞろいする。かわいくて個性豊かな小動物たちの奮闘ぶりと、CGによって作り出された生き生きとした表情は必見。

ストーリー:家族のように暮らしているカメのヴァーン、リスのハミーたちが冬眠から目覚めると、自分たちの森は人間たちの都市化計画によって、公園ほどの大きさになってしまっていた。途方に暮れるヴァーンたちの前に現れたのは、孤独に生きるアライグマのRJ。RJは、人間界の食べ物がいかにおいしいかを仲間たちに教え、人間界に食糧を調達しに行くことを提案するが……。

森のリトル・ギャング
(C)2006 DreamWorks Animation LLC and DreamWorks LLC. Over The Hedge TM DreamWorks Animation LLC.

スタッフ

製作総指揮: ビル・ダマスキ
共同制作総指揮: ジム・コックス

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『森のリトル・ギャング』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 森のリトルギャング from 映鍵(ei_ken) (2010年8月21日 22時35分)
    昔のアニメ「山ねずみロッキーチャック」に、この手の話が出てきた。リスが柵を越えて農家の納屋に忍び込み、人間に捕まっちゃうという話。アレも元ネタは「ピーターラビット」だから、欧米人には古くから刷り込まれたテーマなのかもしれないけど。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • マダガスカル from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会 (2010年5月1日 15時6分)
    踊るのスッキィスッキ~!というわけで、マダガスカルである。 もうすぐ2作目が封切りとのことなので、予習を兼ねて1作目を鑑賞してみた。 ライオンとシマウマ、カバにキリンという食物連鎖的にはありえないメンツで旅をするというストーリーなのだが、.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • ★ 『森のリトル・ギャング』 from 映画の感想文日記 (2007年4月30日 6時30分)
    2006年。 DreamWorks. "OVER THE HEDGE". ティム・ジョンソン、キャリー・カークパトリック監督。 声の出演は、ブルース・ウィリス、アヴリル・ラヴィーン、スティーヴ・カレル、ウィリアム・シャトナー、ニック・ノルティ、トマス・ヘイデン・チャ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 森のリトル・ギャング from しずくの部屋 (2007年4月22日 18時45分)
    映画館で見ましたが、か・な・り、おもしろかったデス(^^)b 森のリトル・ギャン ...[外部サイトの続きを読む]
  • 森のリトル・ギャング OVER THE HEDGE from うまいまずいは塩かげん (2006年9月14日 17時36分)
    ドリームワークス アニメーション最新作。 『森のリトル・ギャング』 ひとりぼっちで生きてきたアライグマRJが出会う森の仲間たち。 RJが初めて見つけた本当に大切なものとは!? 可愛い動物たちの勇気と友情と感動の物語! 可愛いし、面白くって笑いっぱなしやったで &amp.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年7月31日の週の公開作品
  3. 『森のリトル・ギャング』