シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
猫目小僧
(C) 2005 楳図かずお・小学館/アートポート・松竹
製作年:
2005年
製作国:
日本
日本公開:
2006年6月10日
(ユーロスペース)
上映時間:
配給:
アートポート
カラー/ビスタサイズ/ドルビーステレオ

チェック:ホラーコミックの巨匠・楳図かずおの同名人気漫画を実写映画化。異様な容姿のため妖怪一族に見捨てられ、人間からも嫌われる猫目小僧が、村に恐ろしい呪いをかける妖怪と戦う。独特のシュールな世界観を見事に映像化したのは、『楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女』でも異彩を放った井口昇監督。猫目小僧と心を通わすヒロインに『ミラーマン REFLEX』の石田未来がふんし、共演に竹中直人、田口浩正、載寧龍二などの個性派が脇を固める。

ストーリー:ほおにあるあざのせいでふさぎがちな毎日を過ごしている美少女まゆか(石田未来)の前に、体は人間だが顔は猫そっくりの猫目小僧が現れる。まゆかに、かなわぬ恋心を抱く猫目小僧は、村に現れた妖怪ギョロリ(竹中直人)の魔の手がまゆかに迫っていることを知り、最強の妖怪に決死の戦いを挑む。

猫目小僧
(C) 2005 楳図かずお・小学館/アートポート・松竹

スタッフ

監督:
原作: 楳図かずお
エグゼクティブ・プロデューサー: 松下順一 / 関雅彦
脚本: 安田真奈
音楽: 中川孝
VFXディレクター: 奥野浩介

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『猫目小僧』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 猫目小僧 from ダイターンクラッシュ!! (2010年4月24日 6時3分)
    2010年4月23日(金) レンタルDVD 猫目小僧 [DVD]出版社/メーカー: 松竹メディア: DVD 期間限定TSUTAYA川崎店 DVD1本100円で借りた5本のその3。 楳図かずお先生原作映画に当たり無し。 被り物のマスクの猫目小僧がチープな特撮で暴れる本作は、明らかにコメディだ。 主役の娘が悲鳴を上げるときに、ワザとらしい手のポーズを決めるのが、鬱陶しくてならない。 肉玉とかいう悪役は、サナギマンが崩れたような形態で失笑。 それでも、何か許してしまう独特の雰囲気がこの作品にはある。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 笑いか?感動か?果たして?「猫目小僧」 from bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ (2006年10月8日 1時42分)
    今年はプチ楳図かずお先生ブームなのでしょうか? 50周年を祝うにはいいのでしょう。 「神の左手 悪魔の右手」に続く映画化作品 「猫目小僧」 「きゃー」「こわい」との触れ込みがありますが 笑いの要素もあり、 いじめネタを元にした感動もあり いろいろな面で楽しめました。 「猫目小僧」と人間が共存すること自体 摩訶不思議なんですが~ 後半は「ゾンビ」系になったりもし 個人的には非常に気に入りました。 竹中直人もまたまた 一生懸命演技をしているのですが 出てきただけで客席から笑いが。 特撮の方も 円谷プロ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 猫目小僧を見てきたよ from 何時のことだか日記 (2006年7月12日 15時8分)
    甘酸っぱい青春映画でした。 こーゆーの好き。 カメラも絞り開放、逆光のふわふわ、きらきらな絵づくりで、まさにアイドル映画。 もっともアイドル映画でゲロや粘液やらは出てきませんが… で、相変わらず竹中直人はいらねー。いつもと変わらず竹中直人って演技してる.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 猫目小僧@ユーロスペース from ソウウツおかげでFLASHBACK現象 (2006年7月10日 1時36分)
    井口昇の監督作品は「おいら女蛮」「卍」に続き、本作は今年に入って3本目の公開となる。量産体勢に入っている。しかしそれが決して勢いにならないのも彼らしさ。客は少なかった。 外見はイメージに大きく関与する。第一印象はその後にも響く。言いかえれば上っ面だけで判 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年6月5日の週の公開作品
  3. 『猫目小僧』