シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
奇跡の夏
(C) MK PICTURES 2005
英題:
LITTLE BROTHER
製作年:
2005年
製作国:
韓国
日本公開:
2006年7月15日
(シャンテシネ)
上映時間:
配給:
パンドラ
カラー/シネマスコープサイズ/SRD

チェック:実話を基に書かれたキム・ヘジョンのエッセイ「悲しみから希望へ」を映画化した感動作。『カル』の脚本家で原作者の妹でもあるキム・ウンジョンがシナリオを担当し、闘病により成長する家族の姿を描き出す。病気の兄役のソ・テハンはこれが映画初出演とは思えない迫真の演技をみせる。同じく映画初主演のパク・チビンは弟役を熱演し、2005年ニュー・モントリオール国際映画祭最年少の主演男優賞受賞者となった。

ストーリー:9歳の腕白坊主ハニ(パク・チビン)と、12歳の物静かな兄ハンビョル(ソ・テハン)は仲のいい兄弟だ。ある日体調の悪い兄と一緒に学校を早退したハニがTVゲームに熱中していると、帰宅した母(ペ・ジョンオク)に塾をサボったことがバレて叱られる。だが兄は本当に体調が悪く、駆け込んだ病院で脳腫瘍と診断され……。

奇跡の夏
(C) MK PICTURES 2005

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『奇跡の夏』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「奇跡の夏」韓国映画の多様性の片鱗、よく出来た小品 from soramove (2006年8月11日 23時24分)
    「奇跡の夏」★★★ パク・チビン 、 キム・ナムジン 、 ペ・ジョンオク主演 イム・テヒョン 監督、2005年、韓国 脳腫瘍で手術を受ける兄を おかしな顔をして見送る主人公。 シリアスな状態なんて分からないため、 兄を笑わせようとして。 泣くね。 典型的... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 感動必須、涙必須の「奇跡の夏」を見てきました。 from よしなしごと (2006年7月31日 3時16分)
    全国で21カ所(今後上映を含む)でしかやっていない単館系映画奇跡の夏を見てきました。  単館系といえでも感動物と恋愛物を作らせたらピカイチの韓国映画だから期待できます。しかもニューモントリオール国際映画祭主演男優賞受賞、文部科学省選定作品だそうです。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年7月10日の週の公開作品
  3. 『奇跡の夏』