シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
蟻の兵隊
(C) Ren Universe, Inc.
英題:
THE ANTS
製作年:
2005年
製作国:
日本
日本公開:
2006年7月22日
(渋谷イメージフォーラム)
上映時間:
配給:
蓮ユニバース
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR

チェック:第2次世界大戦後も大陸に残り、中国の内戦に巻き込まれた“日本軍山西省残留問題”に肉薄するドキュメンタリー。『延安の娘』の池谷薫監督が、歴史に取り残された約2600人もの日本兵たちの悲劇を描く。かつて中国に残留していた元日本兵の奥村和一が、再び中国を訪れ、当時を振り返りつつ戦争とは何かを問いかける。80歳という高齢にも関わらず真実を求める奥村の姿は、観る者の心を揺さぶる。

ストーリー:奥村和一の体内には、今も第2次世界大戦時に受けた無数の砲弾の破片が残っている。彼は軍命で戦後も中国に残り、中国内戦を戦った。だが長い抑留生活に耐え、帰国した彼を待っていたのは逃亡兵というレッテルだった。彼は元残留兵たちと共に国を相手に軍人恩給を求め、最高裁に上告。その証拠を探しに中国にも足を延ばすが……。

蟻の兵隊
(C) Ren Universe, Inc.

スタッフ

監督:
製作: 権洋子
録音: 高津祐介
編集: 田山晃一
音楽: 内池秀和
音響効果: 鈴木利之
コーディネーター: 劉慶雲 / 大谷龍司

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『蟻の兵隊』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『蟻の兵隊』  日本軍山西省残留問題 from 試稿錯誤 (2007年6月4日 8時59分)
    本日、2006年、5月24日、映画『蟻の兵隊』の試写を観た。 映画『蟻の兵隊』のhpアドレスは下記の通り。以下必要に応じこのhpから引用させてもらう。本記事に添付した画像はすべて  有限会社蓮ユニバース からの提供である。http://www.arinoheitai.com/index.html この映画は元残留兵、奥村和一の現在と過去を提示する。奥村和一は、15歳で少年兵として徴 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 蟻の兵隊 from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年4月28日 9時47分)
    第二次世界大戦終結後、中国から帰国できなかった日本兵の“日本軍山西省残留問題”を扱った痛切な記録映画。軍部や政府の裏切りに等しい行為に対して怒りを覚える。訪れた中国でのあたたかい触れ合いと戦時の暴虐との対比が痛烈。認知がこの映画の一番の目的だ。 (シネ.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 蟻の兵隊 生き証人が生き証人を追う重みと勇気 from もっきぃの映画館でみよう (2006年10月21日 4時1分)
    タイトル:蟻の兵隊(池谷薫監督) ジャンル:ドキュメンタリー/2005年/101分 映画館:第七芸術劇場(96席) 鑑賞日時:2005年9月24日 60人 私の満足度:80%  オススメ度:100%この作品が多くの人に鑑賞されることを望みます。 東京では11週間のロングラン、大阪でもアンコール上映で やっと見る機会に恵まれました。梅田(大阪)からさらに乗換て いかなれけばならないこの映画館は、ちょっと行きにくいのですが この日は、昭和天皇を描いたロシア映画「太陽」の2日目でもあり 連続して見ました。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「蟻の兵隊」鑑賞記――演出過剰の脇からするりと抜け落ちる本質 from WHAT'S NEW PUSSYCAT!? (2006年9月4日 1時20分)
    元兵士復員後の思想、あるいは「靖国神社」「天皇」への思いについて、「大東亜」戦争がすでに神話のかなたで霧かすむようになってしまっているわれわれに果たして言及する資格はあるのだろうか。 私の大叔父はガタルカナルから生還することが、できた。大叔父はそのときの話を生涯、自ら語ることがなかった。また、靖国神社へ参拝することもなかった。「生きて帰ってしまったんだから、死んで戻っている戦友と顔をあわすことはできない。俺は死んでからいく。いれてもらえなくてもいく。そうでないと」と大叔父は私の母に語ったそうだ。あるいは私は ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年7月17日の週の公開作品
  3. 『蟻の兵隊』