シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
キャッチボール屋
(C)「キャッチボール屋」製作委員会:ビターズ・エンド/トランスフォーマー/ハピネット
製作年:
2005年
製作国:
日本
日本公開:
2006年10月21日
(新宿K's Cinema)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド
35mm/1:1.66

チェック:公園で“キャッチボール屋”をするハメになった男性と、その公園に集う人々のさまざまな人生が交錯する人間讃歌(さんか)。人生に迷いながらも未来へ踏み出そうとする大人たちの姿を、北野武や諏訪敦彦の作品で助監督を務めてきた大崎章監督が温かな目線で描き出す。主演は、本作が初の単独主演となる若手実力派俳優の大森南朋。共演には歌手としても活躍するキタキマユ、寺島進、松重豊、光石研など個性派が勢ぞろいし、味わい深い演技を見せている。

ストーリー:30代・失業中のタカシ(大森南朋)は、偶然公園で出会った男(庵野秀明)からキャッチボール屋を任される。彼の元にやってくるのは、元甲子園球児やOL、おしゃべりな借金取りなど、どこかワケありな人々ばかり。彼らのキャッチボールの相手を10分百円で引き受けているうちに、お互いの迷いや悩みに触れ心を通わせていく。

キャッチボール屋
(C)「キャッチボール屋」製作委員会:ビターズ・エンド/トランスフォーマー/ハピネット

スタッフ

監督:
プロデューサー: 定井勇二 / 磯見俊裕
脚本: 足立紳
撮影: 猪本雅三
照明: 松隈信一
美術: 松尾文子
編集: 宮島竜治
音楽: SAKEROCK

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『キャッチボール屋』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • キャッチボール屋 from 前向きに進みたい!!うつな自分 (2008年5月14日 19時17分)
    ちょっとシュールで、ほんわかした、ゆる~い邦画です。 あまり深いこと考えたくなく、ほんわかしたい時に観ると 良い映画化もしれま... ...[外部サイトの続きを読む]
  • [ キャッチボール屋 ]10分・100円で迷える大人たちの想いを受け止める from アロハ坊主の日がな一日 (2007年3月25日 21時44分)
    [ キャッチボール屋 ]@新宿で鑑賞 大森南朋、寺島進、光石研、水橋研二。 脇役たちによる、脇役たちが輝く脇役たちのための映画。 監督は[ 無能の人 ](竹中直人)、[ ソナチネ ](北野武)、最 近では[ リンダ リンダ リンダ ](山下敦弘)などの数々の作 品で助監督を務めてきた大崎章。彼もまた脇役の一人。人に すすめはしないが、僕好みの作品だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キャッチボール屋」を観る from 紫@試写会マニア (2006年10月17日 21時48分)
    今日は大森南朋さんの初主演作品、「キャッチボール屋」を観てきました。 彼程の役者が映画初主演なんてちょっと意外。 でも、顔は良く見かける演技派の彼の下の名前が‘なお’さんと読むとは知らなかった~、スミマセン。 それにこの試写に応募していたことも実は正直忘れていた~、スミマセン。。 他にも演者は、名前が判んなくても(ぁ、あくまでスミマセン、私的にです)燻し銀の演技派揃いでした。 ・・・・峰岸徹・キタキマユ・寺島進・松重豊・光石研・庵野秀明、、、あれ?庵野秀明ってどっかで聞いた・・・・えっ! ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キャッチボール屋」/万物斉同 、無用の用 from I N T R O+blog (2006年10月12日 20時40分)
    『キャッチボール屋』(2006 / 日本 / 大崎 章) Text By 仙道 勇人  投げては返し、投げては返し。黙ってボールを投げ合うだけなのに、不思議と心が満たされるキャッチボール。筆者が少年時分には、路地や空き地などでよく父親と飽きもせずにやっていたものだったが、安全を理由に公園で禁止される... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年10月16日の週の公開作品
  3. 『キャッチボール屋』