シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
サラバンド
英題:
SARABAND
製作年:
2003年
製作国:
スウェーデン
日本公開:
2006年10月21日
(ユーロスペース)
上映時間:
配給:
シネフィル・イマジカ
カラー/16:9(ハイビジョン)/ドルビーSRD

チェック:30年ぶりに再会した元夫婦、その息子、孫たち一家の愛憎劇を、17から18世紀の古典舞曲サラバンドになぞらえて描き出した人間ドラマ。巨匠イングマール・ベルイマンが20年ぶりに監督へ復帰し、自身の1974年作品『ある結婚の風景』の続編を完成させた。公私ともにベルイマン映画のミューズとなったリヴ・ウルマンと、エルランド・ヨセフソンが前作と同じ役で出演する。最新のHD技術を駆使して撮影された幻想的な映像にも心奪われる。

ストーリー:マリアン(リヴ・ウルマン)は、離婚して30年になる元夫のヨハン(エルランド・ヨセフソン)に会うために、彼の別荘を訪ねる。かつての夫婦は過去の溝が埋まったように親密な関係で再会を果たすが、ヨハンの孫娘カーリン(ユーリア・ダフヴェニウス)がマリアンのもとへ現れ、父親と激しい確執があることを彼女に打ち明ける。

サラバンド

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『サラバンド』の映画ニュース

  • 「20世紀最大の巨匠」とうたわれるスウェーデン人監督イングマール・ベルイマンの『魔術師』(1958)、『仮面/ペルソナ』(1966)、『叫びとささやき』(1972)の3作品が初...7−4」とバッハの「組曲第五番ハ短調よりサラバンド」が用いられている。(編集部・石井百合子...
  • 映画『ユリシーズの瞳』や映画『サラバンド』などで知られるエルランド・ヨセフソンさんが、亡くなったことが明らかになった。享年88歳。 huffingtonpost.comによれば、ヨセ...07年に死去し、2003年に製作された映画『サラバンド』がお互いの最後の作品となってしまった。...
  • スウェーデンの巨匠、イングマール・ベルイマン、死去
    『処女の泉』『秋のソナタ』など、人間の本質をするどく切り取った作風で知られるスウェーデンの巨匠、イングマール・ベルイマンが30日、同国・フォール島の自宅で亡くなっ...賞外国語映画賞も受賞している。2003年の『サラバンド』が遺作となった。...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『サラバンド』★惜別の旋律 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年2月15日 17時9分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/16128/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 (内容にふれています) ・30年前に離婚した元夫婦:ヨハンとマリアン ・ヨハンの息子ヘンリックと亡き妻アンナと娘カーリン ・マリアンの娘~施設にいる マリアンが30年ぶりに元夫のもとを尋ねます。作品は そこで繰り広げられる、“家族の肖像”です。 お互いの関係について、それぞれの思惑や因縁があり、とても底の深い、 興味深い... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『サラバンド』 (2003/スウェーデン) from ★Go!Go! Cinema★私の映画日記 (2011年9月16日 21時10分)
    ●原題:SARABAND ●監督:イングマール・ベルイマン ●出演:リヴ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン、ボリエ・アールステット、ユーリア・ダフヴェニウス、グンネル・フレッド 他 ●巨匠イングマール... ...[外部サイトの続きを読む]
  • サラバンド from MneMe fragments (2011年5月6日 0時5分)
    SARABAND (2003) 監督: イングマール・ベルイマン出演: リヴ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン、ボリエ・アールステット、ユーリア・ダフヴェニウス、グンネル・フレッド過去、愛した二人。軋轢。今。無伴奏チェロ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「サラバンド」 from 或る日の出来事 (2010年12月19日 22時3分)
    ベルイマン監督の最後の作品。肉親の人間関係のドロドロ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「サラバンド」/世界を明るく照らす光 from I N T R O+blog (2006年11月27日 11時2分)
    『サラバンド』(2004 / スウェーデン / イングマール・ベルイマン) Text By 膳場 岳人 (ネタバレの可能性あり!)  イングマール・ベルイマンの映画を愛する者にとって至上の秋である。『ファニーとアレクサンデル』(85)で映画界からの引退を表明した彼が、およそ20年ぶりに新作映画を発表... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年10月16日の週の公開作品
  3. 『サラバンド』