シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン

公式サイト:http://www.film.cheon.jp/
Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン
(C) Yang Yonghi/CHEON, Inc.
英題:
DEAR PYONGYANG
製作年:
2005年
製作国:
日本
日本公開:
2006年8月26日
(渋谷シネ・ラ・セット)
上映時間:
配給:
シネカノン
カラー/デジタルベータカム

チェック:大阪育ちで在日二世の梁英姫が、10年に渡り自身の家族にカメラを向けたドキュメンタリー。さまざまな苦難を乗り越えてきた両親や、北朝鮮に渡った兄たちの日常を通して、それぞれの抱える問題を浮き彫りにしていく。世代間の考え方の違いや、いまだ国交のない日本と北朝鮮の関係、そして在日問題。山積みの難問を前にしながらも、ひたすら明るく元気に生きるヤン家の人々の姿に励まされる。

ストーリー:梁英姫の両親は、約3万人の在日コリアンの住む大阪市生野区で暮らしてた。済州島出身の父は日本で終戦を迎え、北朝鮮を祖国として選んだ。その後、朝鮮総連の中心メンバーとして活動してきた父は、母と出会い、結婚し3人の息子と娘をもうける。1971年、父は息子たちをまだ見ぬ祖国、平壌に帰国させることを決意するが……。

Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン
(C) Yang Yonghi/CHEON, Inc.

スタッフ

監督/脚本/撮影/ナレーション: 梁英姫
サウンド: 犬丸正博
編集: 中牛あかね
デザイン: 李千 / 伊藤秀司
写真提供: 井上治子 / 木割大雄 / 朴鳳祥
プロデューサー: 稲葉敏也
特別協力: おすぎ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年8月21日の週の公開作品
  3. 『Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン』