シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ユア・マイ・サンシャイン

公式サイト:http://www.sunshine-movie.jp/
ユア・マイ・サンシャイン
(C) 2005 CJ Entertainment. Inc. & BOM Film Productions Co. Ltd. All Rights Reserved.
英題:
YOU'RE MY SUNSHINE
製作年:
2005年
製作国:
韓国
日本公開:
2006年11月3日
(日比谷シャンテ シネ ほか)
上映時間:
配給:
東芝エンタテインメント
カラー/ビスタサイズ/SRD/SR/R-15

チェック:実話を基に作られた、純朴な青年と愛を信じられない女性が起こす愛の奇跡を描いた感動作。暗い過去から逃げ回り、最終的にはHIVに冒される女性と、彼女を愛し抜く男の純情を優しく見つめる。難しいヒロイン役に挑んだのは『スキャンダル』のチョン・ドヨン。その夫を演じた『甘い人生』のファン・ジョンミンは、本作のために15キロも体重を増やして臨んだ。劇中で2人が歌う「ユア・マイ・サンシャイン」の曲に、無償の愛の尊さが込められている。

ストーリー:農村で暮らすソクチュン(ファン・ジョンミン)は近所のコーヒーショップで働くウナ(チョン・ドヨン)に一目惚れする。純情な彼がなんとか彼女の気を引こうとしていたころ、ウナが客に暴行を受け重傷を負うという事件が起きる。献身的に看病するソクチュンの姿に心動かされたウナは、ついに彼のプロポーズを受けるが……。

ユア・マイ・サンシャイン
(C) 2005 CJ Entertainment. Inc. & BOM Film Productions Co. Ltd. All Rights Reserved.

スタッフ

監督・脚本:
プロデューサー: アン・スヒョン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ユア・マイ・サンシャイン』の映画ニュース

  • 韓国で『オーシャンズ13』『シュレック3』を抑えて1位になったのは日本発のホラー
    1992年に第4回日本ホラー小説大賞を受賞し、100万部のベストセラーにもなった貴志祐介のホラー小説「黒い家」が、今韓国で『ブラック・ハウス』として映画化され、空前の大...が韓国では、新人監督のシン・テラのもと『ユア・マイ・サンシャイン』のファン・ジョンミンが主演で映画化され...
  • 熱愛報道の南野陽子「最近、ご無沙汰」?
    3日、韓国映画『私たちの幸せな時間』のイベント試写会が行われ、南野陽子がトークゲストとして登場した。 同作は、死刑囚の男と自殺未遂を繰り返す女の出会いと愛を描いた...韓国映画。本国では300万人を動員し、『ユア・マイ・サンシャイン』『私の頭の中の消しゴム』を抜き、ラブス...
  • 飯島愛「HIV感染は他人ごととは思えない」
    3日、韓国映画『ユア・マイ・サンシャイン』が初日を迎え、上映館である日比谷・シャンテシネで、タレント、飯島愛によるトークイベントが開催された。実話をベースにした同...さん」を口ずさみ、場を和ませていた。 『ユア・マイ・サンシャイン』は、日比谷シャンテシネ、渋谷Q-AXシネマ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ユア・マイ・サンシャイン from a rebel against authority (2006年12月11日 22時2分)
    ユア・マイ・サンシャイン 純真な男の一途な愛に感激! こんな男性が現実はいないよねと思ったら、実話だそうです。 日本より親族やコミュニティの結びつきの強い韓国で大変だろうな。 それに景色と言い、風俗と言い、 20年ほど前の日本を見ているような感じで懐かしかっ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ユア・マイ・サンシャイン」死が分かつまで君を愛す from soramove (2006年12月3日 18時28分)
    「ユア・マイ・サンシャイン」★★★☆ チョン・ドヨン、ファン・ジョンミン主演 パク・チンピョ監督、2005年、韓国 母と暮らし、 牛の世話をしながら、将来は 自分の牧場を持つのが夢、 そんな主人公は 嫁探しにフィリピンまで 行ったが成果なし。 日に焼け... ...[外部サイトの続きを読む]
  • やはり、ユア・マイ・サンシャインは素敵だった。レイチャールズ from ♪♪気になる音楽のルーツをGET!! ジャズ/ブルース/CMソング (2006年9月28日 1時10分)
    毎年、ジャズフェスが終了する直前は脳みそが活性化される。しかしながら今年はその雰囲気はありつつもちょっと”うつ”が入ってる・・・。仕事かな~。 大規模な組織変更。というより、今まで同士だった2名を失うことに寂しさというよりは不安、自信の無さ・・etc... 今までだったら自分の可能性発揮の希望に満ち溢れそうかと思ってた。 しかしながら・・・ってとこでしょうか。 ちょっとネガティブ発想のこのごろだが、先週のジャズフェスが思い出される。 一曲目に演奏した”ユア・マイ・サンシャイ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年10月30日の週の公開作品
  3. 『ユア・マイ・サンシャイン』