シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
王の男
(C) 2005 Cinema Service Co. Ltd. All Rights Reserved.
英題:
KING AND THE CLOWN
製作年:
122年
製作国:
韓国
日本公開:
2006年12月9日
(恵比寿ガーデンシネマ ほか)
上映時間:
配給:
角川ヘラルド映画/CJ Entertainment
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD

チェック:16世紀の韓国の宮廷を舞台に繰り広げられる歴史ドラマ。地方から都にやって来て、王の前で芸を披露するまでになる2人の芸人の数奇な運命をたどる。見事な職人芸をみせるのは、本作で大鐘賞主演男優賞に輝いた『スパイダー・フォレスト 懺悔』のカム・ウソン。『ホテル ビーナス』のイ・ジュンギが女形を演じ、妖しい魅力を放っている 。当時の宮廷を再現した豪華なセットや、生ぐさい陰謀渦巻く宮廷絵巻に魅了される。

ストーリー:16世紀初頭、地方の旅芸人一座の花形チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)は、一座を抜け漢陽へ向かう。彼らはそこで宮廷をからかった芝居を上演し、民衆の心をつかむ。だがある日、王の重臣(チャン・ハンソン)に宮廷で芸を披露し、王(チョン・ジニョン)が笑わなければ死刑だと言い渡される。

王の男
(C) 2005 Cinema Service Co. Ltd. All Rights Reserved.

スタッフ

製作総指揮: キム・インス
撮影: チ・ギルン
照明監督: ハン・ジウプ
アートディレクター: カン・スンヨン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『王の男』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • The King and the Clown (王の男) from Cinema Review シネマ・レビュー   そこそこ見てます☆ (2010年7月28日 15時40分)
    왕의 남자 (2006) English Title: The King and the Clown ★★★☆☆ (S.Korea) 日本語タイトル: 王の男 official site: http://www.kingsman.jp/ Starring: Wo... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【王の男】朝鮮王朝の闇と狂王の芸人 from 映画@見取り八段 (2009年9月29日 1時51分)
    王の男~THE KING AND THE CLOWN~ 監督: イ・ジュンイク 出演: カム・ウソン、イ・ジュンギ、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン 公開: 2006年... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ★★ 『王の男』 from 映画の感想文日記 (2007年4月22日 0時22分)
    2005年、CJE, "THE KING AND THE CROWN". イ・ジュンイク監督。カム・ウソン、イ・ジュンギ、ひげを落とせば別所哲也に似ているチョン・ジニョン、カン・ソンヨン、その他出演。  すでに世間での評価が高いので傑作だろうと思っていた ...[外部サイトの続きを読む]
  • 王の男 from Some Like It Hot (2007年3月15日 2時43分)
    監督=イ・ジュンイク 主演=カム・ウソン イ・ジュンギ チョン・ジニョン カン・ソンヨン  韓国ドラマ「チャングムの誓い」の最初の数話で、朝鮮王朝のクーデターが描かれる。この時失脚するのが、16世紀の朝鮮王朝でも暴君として知られる燕山君(ヨンサングン)。そして物語のキーパーソンである中宗へと王位は引き継がれるのだ。映画「王の男」はこの燕山君の時代が舞台。国一番の芸人になろうと旅をする主人公チャンセンと女形コンギル。二人は時の王燕山君を皮肉る劇を路上で披露して人々を笑わせていた。王を侮辱したとして捕まった ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『王の男』 from 試写会帰りに (2007年2月12日 3時51分)
    朝鮮王朝第10代の王で史上最悪の暴君、燕山君(ヨンサングン)が支配した時代の絢爛豪華な宮廷を舞台に、王に芸で挑んだ2人の男の、波乱に満ちた人生を描く『王の男』。 王の男 コレクターズ・エディション (初回限定生産) 王の男 スタンダード・エディション 固い友情(.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年12月4日の週の公開作品
  3. 『王の男』