シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
魂萌え!
(C) 2007「魂萌え!」パートナーズ
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2007年1月27日
(シネカノン有楽町 ほか)
上映時間:
配給:
シネカノン
カラー/ヴィスタサイズ/ドルビーSR

チェック:新聞連載時から評判を呼んだ桐野夏生の同名小説を映画化した人間ドラマ。平凡な主婦が夫の急死によって人生の荒波にもまれてゆく姿を、『亡国のイージス』の阪本順治監督が繊細(せんさい)に描き出す。世間知らずな専業主婦の敏子には『ハリヨの夏』の風吹ジュン。彼女の夫の“女”に三田佳子がふんするほか、加藤治子、寺尾聰、豊川悦司など実力派が共演。次々と降りかかる試練に動揺しながらも、自立に目覚めてゆくヒロインの姿が共感を誘う。

ストーリー:定年を迎えた夫と平穏に暮らしていた敏子(風吹ジュン)の日常は、夫が心臓マヒで急死したことで一変する。葬儀の後、夫の携帯電話にかかってきた見知らぬ女性からの電話で明らかになる夫の浮気、8年ぶりに現れ強引に遺産相続と同居を迫る長男……。生まれて初めて深い喪失感を味わう敏子を、次々に人生の荒波が襲う。

魂萌え!
(C) 2007「魂萌え!」パートナーズ

スタッフ

監督・脚本:
プロデューサー: 椎井友紀子
原作: 桐野夏生
撮影: 大塚亮
美術: 原田満生
編集: 深野俊英

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『魂萌え!』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ★★ 『魂萌え!』 from 映画の感想文日記 (2008年1月31日 23時44分)
    2006年。シネカノン。   阪本順治監督・脚本。桐野夏生原作。  昨年の劇場公開時にもDVDになってからも全くノーマークの映画だったら、いろいろな雑誌や映画賞候補などでタイトルをよく見かけるので、気になっていた。  予告編などで、何となく団塊の世代向 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「魂萌え!」 from 元・副会長のCinema Days (2007年2月15日 6時51分)
    桐野夏生の同名小説を阪本順治監督が映画化(脚本も担当)。観る人が観ればすぐに分かると思うが、これは阪本が2000年に製作した「顔」の別ヴァージョンだ。  あの映画の、藤山直美扮する主人公は、冴えない日常から逸脱することによって生きる喜びを見出してゆくが、本作のヒロイン(風吹ジュン)も、平凡な専業主婦からのドロップアウトにより初めて自分自身を見つめ直す。しかも「顔」では故人である妹の幻影が主人公に付きまとうように、この映画でも死んだ夫の生前の所業が大きくヒロインにのしかかる。  ただし、ロードムービー ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「魂萌え!」唇と爪先の距離 from 撮影監督の映画批評(たまに写真や撮影のTIPSも) (2007年2月13日 18時37分)
    武蔵野市の住宅街、築20年の一軒家という設定の関口家が、いい。おそらくロケセットであろう、それほど広くもない家で、撮影も演出も巧い。関口家が出てこない、敏子(風吹ジュン)が家出をしてカプセルホテルに泊まるくだりが、 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 魂萌え! from filmdays daybook (2007年2月5日 1時24分)
    「どついたるねん」「亡国のイージス」など男の世界を描いてきた阪本順治監督が、桐野 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 魂萌え!@シネ・アミューズ from ソウウツおかげでFLASHBACK現象 (2007年2月3日 2時23分)
    夫が死んだとはいえ、息子の放蕩が抜けないとはいえ、悠々自適の生活ができる中流以上の家庭があり、高校時代からの友情もあり、環境としては恵まれている。定年退職してから間もなく亡くなった旦那に10年来の愛人がいたことを知った、還暦間近の専業主婦・関口敏子の人生が再 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年1月22日の週の公開作品
  3. 『魂萌え!』