シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

気球クラブ、その後

公式サイト:http://kikyuclub.com/
気球クラブ、その後
(C) 2006 PLUSMIC・CFP
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2006年12月23日
(渋谷シネ・アミューズ)
上映時間:
配給:
エム・エフボックス
カラー/35ミリ/ビスタサイズ/DTSステレオ

チェック:『自殺サークル』『紀子の食卓』などセンセーショナルな作風で知られる鬼才、園子温監督が放つ青春ドラマ。荒井由実の名曲「翳りゆく部屋」をモチーフに、大学時代のサークルのメンバーの死をきっかけに、再会した仲間たちがそれぞれの青春を見つめ直す姿を描く。『HAZARD』に続き園作品は2作目となる深水元基を主演に、グラビア出身の川村ゆきえ、永作博美らが共演。これまでの先鋭的なイメージを覆す園監督の新境地が堪能できる。

ストーリー:二郎(深水元基)が所属する“気球クラブ・うわの空”というサークルには、さまざまな想いを抱いた若者たちが集まっていた。5年後、ガールフレンドのみどり(川村ゆきえ)と微妙な関係を続けている二郎のもとに、リーダー村上(長谷川朝晴)の悲報が入る。これをきっかけに、バラバラになっていた仲間たちが再び集まる。

気球クラブ、その後
(C) 2006 PLUSMIC・CFP

スタッフ

監督・脚本:
企画: 小曽根太
プロデューサー: 富田敏家
撮影: 谷川創平
録音: 原川慎平
編集: 伊藤潤一

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『気球クラブ、その後』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 気球クラブ、その後 from シネマDVD・映画情報館 (2009年11月30日 8時57分)
    2006年12月に公開された、園子温監督・脚本、深水元基主演の青春群像劇。共演には、本作が女優デビューとなった川村ゆきえ、長谷川朝晴(元ジョビジョバ)、永作博美ら個性派が顔をそろえ、荒井由美の名曲『翳りゆく部屋』をモチーフにした繊細な物語を情感豊かに演じている。本当に気球が好きな人、さみしさをまぎらわしたい人、恋愛や友情を求める人などが集うサークル“気球クラブ・うわの空”。そこで過ごした若者たちが、5年の時を経て再び邂逅(かいこう)し、止まっていた時間が流れだす。だれしも... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ★ 『気球クラブ、その後』 from 映画の感想文日記 (2007年6月7日 21時27分)
    2006年。プラスミックCFP。  園子温監督・脚本。 深水元基、川村ゆきえ、永作博美、いしだ壱成、江口のりこ、長谷川朝晴、与座嘉秋(ホームチーム)、安藤玉恵、その他出演。  学生時代のサークル、「気球クラブ」のリーダーだった村上(長谷川朝晴 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「気球クラブ、その後」/青春は終わるが人生は続く from I N T R O+blog (2007年1月16日 12時20分)
    『気球クラブ、その後』(2006 / 日本 / 園子温) Text By 膳場 岳人  冒頭、「気球クラブ・うわの空」という集団の中心人物だった村上という男が事故死する。その情報が携帯を通してクラブの元メンバー全員に流布されてゆく。彼らの反応は意外に冷静だ。彼らにとって村上とは「五年前に少しだけ関係... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 気球クラブ、その後 from 映画通の部屋 (2007年1月6日 14時9分)
    「気球クラブ、その後」製作:2006年、日本 93分 監督:園子温 出演:深水元 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年12月18日の週の公開作品
  3. 『気球クラブ、その後』