シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

イヌゴエ 幸せの肉球

イヌゴエ 幸せの肉球
(C) 2006「イヌゴエ」製作委員会
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2006年12月2日
(渋谷シネ・ラ・セット ほか)
上映時間:
配給:
バイオタイド
カラー/ビスタサイズ/ステレオ

チェック:人間の言葉を話すことができるイヌと人間のハートウォーミングな交流を描いた感動作『イヌゴエ』の続編。同棲していた彼女に出て行かれた頼りない青年が、彼女と同じ声で話すイヌと出会い、彼女探しの旅に出る。『7月24日通りのクリスマス』の阿部力が、旅を通じて男らしく成長する主人公を等身大の魅力で好演。脚本は前作で主演を務めた個性派俳優の山本浩司。乙女チックな人間の言葉をアテレコしたイヌの愛らしい姿は必見。

ストーリー:いつまでたっても男として頼りないままの凌(阿部力)は恋人の涼子をとうとう怒らせてしまい、一緒に住んでいる部屋から出て行かれてしまう。激しく落ち込んだ凌だったが、ペットショップで涼子の声でしゃべるイヌのペスと出会い、その聞きなじんだ声にうながされるようにペスと一緒に涼子のゆくえを探す旅へ出る。

イヌゴエ 幸せの肉球
(C) 2006「イヌゴエ」製作委員会

スタッフ

監督:
製作: 永森裕二
原案: 永森裕二
脚本: 山本浩司
撮影: 下元哲
美術: 石毛朗
編集: 元木隆史
音楽: 遠藤浩二

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • イヌゴエ 幸せの肉球 <犬がぶさいく> from ネタバレ映画レビュー <映画感想文みたいなもの> (2011年4月3日 19時45分)
    あー、犬がぶさいく。 あんまり面白くなかったかな。 なんかちょっとゆっくり過ぎ。 物語が始まるまでも長い。 名古屋フューチャー? モーニングとか、小倉トーストとか。 ミルフィーユビーフみそかつは、食べたい。 岐阜?王子?どこなの? イヌゴエ 幸せの肉球 - goo 映画 ・イヌゴエ 幸せの肉球@ぴあ映画生活 http://www.cinematoday.jp/movie/T0005057 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年11月27日の週の公開作品
  3. 『イヌゴエ 幸せの肉球』