シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ユアン少年と小さな英雄

ユアン少年と小さな英雄
英題:
GRAYFRIAR'S BOBBY
製作年:
2005年
製作国:
イギリス
日本公開:
2007年3月24日
(シャンテ シネ ほか)
上映時間:
配給:
アルバトロス・フィルム
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR

チェック:19世紀のスコットランドに実在し、人々の間で愛された忠犬ボビーの史実を基にしたハートウォーミング・ストーリー。監督は『床下の小さな住人たち』のジョン・ヘンダーソン。オーディションで選ばれた11歳の新人オリバー・ゴールディンが主人公の少年ユアンを演じる。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのクリストファー・リーが特別出演。ボビーを演じるテリア犬のキュートな表情や絶妙な動きなど、人間に負けない“名演”に注目。

ストーリー:1958年のスコットランド、エディンバラで、母と貧困地区に暮らす少年ユアン(オリバー・ゴールディング)は、警察官ジョン・グレイ(トーマス・ロックヤー)の犬ボビーと大の仲良し。しかし、ある日、グレイが重い病気を患って死んでしてしまう。飼い主を失って哀しみにくれるボビーは、グレイの墓地で暮らすようになる。

ユアン少年と小さな英雄

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ユアン少年と小さな英雄 from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年8月12日 0時24分)
    子供と動物という最強コンビの感動作は19世紀のスコットランド・エジンバラで本当にあったお話。ピンチになった時、助けてくれるのは、勇気と教育なのだというメッセージが伝わってくる。家族みんなで楽しめるハート・ウォーミングな1本だ。忠犬のテリア犬のボビーが最高に.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ユアン少年と小さな英雄 from ゆるり鑑賞 (2007年7月4日 1時14分)
    テアトル梅田にて鑑賞。(2005年/イギリス) 1958年のスコットランド、エディンバラ。 貧困地区に暮らすユアン少年(オリバー・ゴールディング)は、 警察官ジョン・グレイ(トーマス・ロックヤー)が飼っているテリア ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ユアン少年と小さな英雄』 from 分太郎の映画日記 (2007年4月2日 17時30分)
    “忠犬ハチ公”のスコットランド版であるボビーの物語。いや、時代的にはボビーが150年前でハチ公は約80年前だから、ハチ公を日本版“忠犬ボビー”と呼ぶべきだろうか。 スコットランドのテリア犬ボビーは、飼い主の警官が亡くなった後、14年間もその墓を“守り続けた... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ユアン少年と小さな英雄 ■ 14年間、主人の墓を守り通した実在の犬の物語 from どんくらの映画わくわくどきどき (2007年4月2日 3時2分)
    19世紀、スコットランドのエディンバラ。街は谷をはさんで新市街と旧市街に分けられるが、旧市街には低所得者層が住み人々は劣悪な環境でその日その日を生きていた。ほこりだらけの工場では低賃金で長時間過酷な労働を強いら ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年3月19日の週の公開作品
  3. 『ユアン少年と小さな英雄』