シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
善き人のためのソナタ
英題:
DAS LEBEN DER ANDEREN
製作年:
2006年
製作国:
ドイツ
日本公開:
2007年2月10日
(シネマライズ ほか)
上映時間:
配給:
アルバトロス・フィルム
カラー/スコープサイズ/ドルビーSRD

チェック:ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが歴史学者や目撃者への取材を経て作品を完成。アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品としても注目を集めている。恐るべき真実を見つめた歴史ドラマとして、珠玉のヒューマンストーリーとして楽しめる。

ストーリー:シュタージ(国家保安省)の局員ヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。ヴィースラーは盗聴器を通して彼らの監視を始めるが、自由な思想を持つ彼らに次第に魅せられ……。

善き人のためのソナタ

写真ギャラリー

Kobal/Sony Pictures Classics/The Kobal Collection/WireImage.com


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『善き人のためのソナタ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『善き人のためのソナタ』★善き人は…… from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年4月1日 21時29分)
        映画レビューです。(ネタバレ表示です) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id326052/rid179/p1/s2/c6/     悪しき者として、過去の清算という 重荷を背負うとしても 善き者として、救われる部分も 人にはあるはず ……   それで、観ている者も 救われる思いが感動になることがありま... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 善き人のためのソナタ <東独、盗聴、亡命> from ネタバレ映画レビュー <映画感想文みたいなもの> (2011年3月6日 19時57分)
    東独、盗聴、亡命。それだけで興味あるな。 劇中の講義の形式をとって、わかりやすく興味深い導入。 本のタイトルから、邦題なんだな。 なんかエロイ。 あぁ、おもしろいな。設定がよい。 シュタージがわからない。ググルか。 女優さんが良いね。雰囲気ある。 マルティナ・ゲデックさん。 最後で泣けた。 善き人のためのソナタ - goo 映画 ・善き人のためのソナタ@ぴあ映画生活 http://www.cinematoday.jp/movie/T0005098 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 善き人のためのソナタ from MneMe fragments (2010年12月9日 13時24分)
    DAS LEBEN DER ANDEREN (2006) 監督: フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク音楽: ガブリエル・ヤレド、ステファン・ムーシャ 出演: ウルリッヒ・ミューエ、ルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ、ウルリッヒ・トゥクール、トマス・ティーマ 旧東ドイツの秘密警察シュタージ。真面目に国家に使える孤独な男がある劇作家の監視をすることになる。監視を続ける中でその男の中に緩やかに、そして唐突に何かが生まれ出る。表現されたものに触れるというのはそういうものだ。 映画はスリリングでとても ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 ≪ 善き人のためのソナタ ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2010年10月18日 12時42分)
    アカデミー賞外国語映画賞をはじめ、全世界で35の映画賞を受賞!1984年東西冷戦の中、強固な共産主義体制を確立していた東ベルリン。壁の向こ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「わが教え子、ヒットラー」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2009年5月18日 13時4分)
    Amazon.co.jp ウィジェット 「わが教え子、ヒトラー 」 ★公式ホームページ★ 「善き人のためのソナタ」で好演だったウルリッヒ・ミューエ連の遺作。正直これからという時に病気でなくなってしまって大変残念です。そしてこれが最後.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年2月5日の週の公開作品
  3. 『善き人のためのソナタ』