シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ひいろ
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2007年3月24日
(シネマート六本木)
上映時間:
配給:
スターキャット・エンタープライズ

チェック:中国生まれの孫と日本に住む祖母の再会を通し、戦争によって引き裂かれた家族の再生を描く人間ドラマ。監督と脚本は、俳優として活躍しながら数々の映画や人気番組を手がけてきた徳江長政。ヒロインには徳江監督の前作『しの』に主演した小崎さよ、中国留学の経験を活かした見事な中国語を披露する。別れた息子を60年間待ち続けた彩陽の祖母役にベテラン南田洋子。息子の元に残された小さな器に秘められた母の想いが胸に迫る。

ストーリー:上海近郊の焼き物の町、宜興で窯元を営む父と母そして祖母に育てられた彩陽(小崎さよ)は、上海の美術学校で陶芸を学んでいた。ある日、祖母危篤の連絡が入り実家に戻った彼女は、祖母から父が日本人であるという意外な事実を知らされる。祖母や父の想いを胸に日本へ向かった彩陽は、父の本当の母親捜しを始めるが……。

ひいろ

スタッフ

監督・脚本:
製作: 奥村紀八郎
撮影: 鍋島淳裕
編集: 矢船陽介
音楽: 松岡誠司

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ひいろ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ひいろ from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年5月3日 6時45分)
    中国残留孤児の悲劇を若い世代の視点で描くドラマ。上海で陶芸家を父に持つ少女は、祖母から自分が日本人の血を引くことを告げられる。小崎さよが中国語の長セリフとたどたどしい日本語を熱演。主人公に親切にする女将役は、お久しぶりの麻丘めぐみだ。 (シネマッシモ評価.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ひいろ』 from 分太郎の映画日記 (2007年4月4日 10時10分)
    戦争の混乱で二つの国に引き裂かれ、60年後、中国に住む孫娘と日本に住む祖母との再会を通して、家族とは何かを描いた感動作。シネマート六本木にて鑑賞。 『ひいろ』 評価:☆☆☆☆ タイトルの「ひいろ」は「緋色」または「火色」のことで、「窯の炎で、素地が酸化... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年3月19日の週の公開作品
  3. 『ひいろ』